試料からのDNA抽出法

1)器具および試薬

ヒートブロック
25mM NaOH
Tris-HCl (1mol l-1, pH7.5).
1μlループ
1.5mlチューブ
マイクロピペット及び滅菌チップ

2)分離菌からのDNA抽出法(アルカリ熱抽出法)

50μlの25mM NaOHに1μlループほどの菌を懸濁する。
懸濁液を95℃で5分間加熱する(ヒートブロックなどを使用する)。
4μlのTris-HClバッファー(1mol l-1, pH7.5)で中和する。
15,000gで5分間遠心し、上清をテンプレートとする。
* ボイル法で作製したテンプレートも使用可能

▲ページの先頭へ