大阪府感染症情報センター ものしり講座(32)


感染性胃腸炎が流行しています

 大阪府における定点あたり患者報告数によると過去10年間で2番目に多い発生となっており、今後の感染拡大が危惧されています。

 原因として主にノロウイルスが検出されており、流行株の解析では、現在のところノロウイルスGII/3,GII/4が検出されています。

 大阪府では毎週火曜日に10人以上の集団胃腸炎の発生状況(大阪府管内)を報告していますが11月中旬から急増し、第47週12事例354人、第48週10事例210人となっています。

 ノロウイルス関連情報などを参考にして、感染拡大防止に取組んでいただくようお願いします。


 ノロウイルス情報
  http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/noro/noro.html
  http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/monosiri/1/1.html
  http://www.pref.osaka.jp/chikikansen/kansen/noro.html

 消毒法
  http://www.pref.osaka.jp/attach/4340/00019340/noro.pdf


▲ページの先頭へ