ホーム > 感染症情報センター > ブロック別年齢別発生状況

過去の発生状況


ブロック別年齢別発生状況 【平成29年 第40週  10月 2日〜 10月 8日】

 この週報は速報性を重視しておりますので、今後の調査などの結果に応じて、若干の変更が生じることがあります。

ブロック別 患者発生数

◆定点数
ブロック名 豊能 三島 北河内 中河内 南河内 堺市 泉州 大阪市
北部
大阪市
西部
大阪市
東部
大阪市
南部
合計
インフルエンザ 36 25 43 31 24 29 34 20 15 22 27 306
小児科 23 17 27 20 16 19 21 14 10 15 18 200
眼科 5 4 6 5 4 5 6 5 2 6 4 52
基幹 2 2 2 2 1 2 2 4 17

◆患者発生数
ブロック名 豊能 三島 北河内 中河内 南河内 堺市 泉州 大阪市
北部
大阪市
西部
大阪市
東部
大阪市
南部
合計
インフルエンザ 5 3 3 1 26 10 27 1 3 2 7 88
RSウイルス感染症 25 37 48 50 64 37 64 57 29 20 22 453
咽頭結膜熱 4 5 8 8 7 1 7 3 0 8 5 56
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 61 45 30 44 30 22 25 25 13 8 25 328
感染性胃腸炎 55 48 87 92 80 34 72 35 20 27 56 606
水痘 4 3 12 7 4 2 4 8 4 1 1 50
手足口病 12 5 36 22 14 6 11 8 2 4 15 135
伝染性紅斑 0 0 1 0 0 0 0 1 1 2 0 5
突発性発しん 14 3 19 19 11 5 7 2 2 3 7 92
百日咳 0 3 0 1 0 0 0 0 1 0 0 5
ヘルパンギーナ 8 2 11 2 2 1 16 5 8 1 6 62
流行性耳下腺炎 3 4 8 13 3 2 5 3 4 0 1 46
急性出血性結膜炎 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
流行性角結膜炎 6 1 7 0 0 6 2 5 1 0 0 28
合 計 192 156 267 258 215 116 213 153 85 74 138 1867
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ肺炎 0 1 0 0 0 0 1 0 2
クラミジア肺炎(オウム病を除く) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎(ロタウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0

年齢別 患者発生数

 



12












10



14
15



19
20



インフルエンザ 0 2 9 4 6 11 2 5 4 4 3 15 4 19 88
RSウイルス感染症 64 103 155 57 43 25 4 0 0 1 0 1 0 0 453
咽頭結膜熱 0 3 11 5 13 11 8 0 2 0 1 0 1 1 56
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 6 3 13 19 37 53 48 35 21 25 18 31 0 19 328
感染性胃腸炎 8 47 89 78 55 57 39 26 28 19 16 51 20 73 606
水痘 1 2 4 5 2 7 5 6 5 2 4 7 0 0 50
手足口病 2 8 41 38 11 8 10 7 2 2 0 3 1 2 135
伝染性紅斑 0 0 1 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5
突発性発しん 0 37 45 7 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 92
百日咳 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 3 5
ヘルパンギーナ 1 8 20 14 8 3 1 2 1 3 1 0 0 0 62
流行性耳下腺炎 0 0 1 4 10 5 11 3 4 2 0 5 0 1 46
急性出血性結膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
流行性角結膜炎 0 0 2 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 23 28
合 計 82 211 382 229 184 172 127 79 63 55 40 98 22 123 1867
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ肺炎 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
クラミジア肺炎(オウム病を除く) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎(ロタウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0


  ※ブロック別・疾患別定点あたり患者発生数(PDF)

▲ページの先頭へ