コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪安全基盤研究所

ホーム > 感染症情報センター > ブロック別年齢別発生状況

過去の発生状況


ブロック別年齢別発生状況 【平成30年 第2週  1月 8日〜 1月 14日】

 この週報は速報性を重視しておりますので、今後の調査などの結果に応じて、若干の変更が生じることがあります。

ブロック別 患者発生数

◆定点数
ブロック名 豊能 三島 北河内 中河内 南河内 堺市 泉州 大阪市
北部
大阪市
西部
大阪市
東部
大阪市
南部
合計
インフルエンザ 35 25 43 31 24 29 34 20 15 22 27 305
小児科 22 17 27 20 16 19 21 14 10 15 17 198
眼科 5 4 6 5 4 5 6 5 2 6 4 52
基幹 2 2 2 2 1 2 2 4 17

◆患者発生数
ブロック名 豊能 三島 北河内 中河内 南河内 堺市 泉州 大阪市
北部
大阪市
西部
大阪市
東部
大阪市
南部
合計
インフルエンザ 528 402 935 627 688 532 668 560 641 487 485 6553
RSウイルス感染症 13 7 33 22 21 6 13 30 10 6 9 170
咽頭結膜熱 6 5 9 6 6 2 6 5 1 3 1 50
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 48 26 35 18 33 20 34 30 26 10 29 309
感染性胃腸炎 103 59 155 144 137 34 110 69 28 52 70 961
水痘 10 4 8 9 1 4 7 16 8 3 3 73
手足口病 2 0 2 1 4 1 1 0 0 2 0 13
伝染性紅斑 0 0 0 7 4 0 0 0 0 0 2 13
突発性発しん 8 4 11 8 4 7 2 4 4 4 3 59
ヘルパンギーナ 0 3 1 0 0 1 0 0 1 0 0 6
流行性耳下腺炎 0 1 5 8 7 5 1 5 3 4 1 40
急性出血性結膜炎 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
流行性角結膜炎 3 3 0 2 1 3 0 2 1 0 1 16
合 計 193 112 259 225 219 83 174 161 82 84 119 1711
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 1 0 0 1
マイコプラズマ肺炎 0 1 0 0 0 3 0 0 4
クラミジア肺炎(オウム病を除く) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎(ロタウィルス) 1 0 0 0 0 1 0 0 2
0 0 0 0 0 0 0 0 0

年齢別 患者発生数

 



12












10



14
15



19
20



インフルエンザ 28 111 349 360 431 447 410 393 303 301 274 778 325 2043 6553
RSウイルス感染症 54 42 43 20 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 170
咽頭結膜熱 0 3 17 7 6 5 0 3 3 1 0 2 0 3 50
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1 6 23 19 36 44 35 37 25 19 14 22 5 23 309
感染性胃腸炎 11 58 168 110 99 84 61 41 44 35 35 87 34 94 961
水痘 0 0 6 3 5 9 11 11 10 7 2 9 0 0 73
手足口病 1 1 4 3 2 0 1 0 1 0 0 0 0 0 13
伝染性紅斑 0 0 0 2 4 3 0 0 2 1 0 1 0 0 13
突発性発しん 0 15 37 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 59
ヘルパンギーナ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6
流行性耳下腺炎 0 1 1 2 4 5 5 7 6 0 4 4 0 1 40
急性出血性結膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
流行性角結膜炎 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 13 16
合 計 67 126 302 174 167 151 114 99 91 63 55 125 39 138 1711
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
マイコプラズマ肺炎 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 1 1 0 4
クラミジア肺炎(オウム病を除く) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎(ロタウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2


  注:ブロック別・疾患別定点あたり患者発生数(PDF)