風しんの患者数が増加しています

平成24年6月6日

●5月末に昨年度の患者数を超える

 風しん(風疹、3日はしか)はウイルス感染により引き起こされる感染症で、発熱o発しんが主な症状です。多くの感染は2−3日で自然に軽快します。ワクチンによって発症を防ぐ事ができます。大阪府内で風しんの届け出患者数が増加しています。大阪府における平成24年5月27日までの届け出患者数は60人で、患者数が多かった昨年度を超えました。患者の80%は男性が占めています。特に20代後半から30代の男性が多く報告されており、次に10代後半の男性が続いています。

 ★参考資料(平成24年6月5日現在)
   患者数の推移
   地域別統計
   年齢分別報告数(男性女性
   最新の患者発生動向


▲ページの先頭へ