ホーム > 感染症 > 患者便からのKudoa septempunctata 遺伝子検出法

患者便からの Kudoa septempunctata 遺伝子検出法

 近年、ヒラメを生食した際に食後数時間で一過性の嘔吐、下痢等の症状を呈する事例が多く報告されており、その原因としてヒラメの筋肉内に寄生した新種の粘液胞子虫(Kudoa septempunctata1)が関与していることが明らかになりました2)

 そのため、本寄生虫を起因とすると考えられる有症事例は食中毒として取り扱うことになりましたが(平成23年6月17日付け食安発0617第3号)、保健所が調査を開始した段階で、喫食残品のヒラメがすでに消費されていることが多く、原因物質特定のための検査ができない事例が発生しています。

 そこで、当所では、患者由来検体、特に患者糞便からK. septempunctata の遺伝子を検出する方法を開発しました3) 4)。本食中毒の発症機序はまだ解明されていませんが、本寄生虫がヒトの消化管で増殖するとは考えられていないため、この試験法は大量に摂取したK. septempunctata 胞子の遺伝子の一部を糞便中から検出していると考えています。

 この試験法は「糞便からのDNA抽出法」とその抽出したDNAからK. septempunctata の遺伝子を検出する「リアルタイムPCR法」の2部分から構成されています。どちらも、平成23年7月11日食安監発0711第1号で通知された「ヒラメからのK. septempunctata の検査法(暫定版)」とは異なっていますのでご注意ください。

1. 試料からのDNA抽出

 1)器具および試薬

 2)患者便からのDNA抽出

2. リアルタイムPCRによる検出

 1)器具および試薬

 2)PCR反応

 3)結果判定

 4)留意点

3. 患者便からのKudoa septempunctata 遺伝子検出法 Q&A


4. 参考文献

  1. Matsukane, Y., H. Sato, S. Tanaka, Y. Kamata, and Y. Sugita-Konishi. 2010. Kudoa septempunctata n. sp. (Myxosporea: Multivalvulida) from an aquacultured olive flounder (Paralichthys olivaceus) imported from Korea. Parasitol. Res. 107: 865-872.

  2. Kawai, T., T. Sekizuka, Y. Yahata, M. Kuroda, Y. Kumeda, Y. Iijima, Y. Kamata, Y. Sugita-Konishi, and T. Ohnishi. 2012. Identification of Kudoa septempunctata as the causative agent of novel food poisoning outbreaks in Japan by consumption of Paralichthys olivaceus in raw fish. Clin. Infect. Dis. 54: 1046-1052.

  3. Harada, T., T. Kawai, H. Sato, H. Yokoyama, and Y. Kumeda. 2012. Development of a quantitative polymerase chain reaction assay for detection of Kudoa septempunctata in olive flounder (Paralichthys olivaceus). Int. J. Food Microbiol. 156: 161-167.

  4. Harada, T., T. Kawai, M. Jinnai, T. Ohnishi, Y. Sugita-Konishi, and Y. Kumeda. 2012. Detection of Kudoa septempunctata 18S rDNA in patient fecal samples from novel foodborne outbreaks caused by consumption of raw olive flounder (Paralichthys olivaceus). J. Clin. Microbiol. 50: 2964-2968.

▲ページの先頭へ