ホーム > 感染症 > LAMP法によるCampylobacter jejuni, C. coliおよびC. fetusの迅速鑑別法

LAMP法によるCampylobacter jejuni, C. coliおよびC. fetusの迅速鑑別法

 Campylobacter属菌は他の病原菌と比較して人工培地上での発育が遅く、診断するまでに3日から7日以上を必要とします。さらに、菌種間の鑑別性状も乏しいため、従来から行ってきた細菌学的手法を用いた診断法だけでは、感染拡大防止のための迅速な行政措置を行う上で大きな支障となっています。これらの問題を解決するために、LAMP法を応用し、ヒトおよび家畜の病原菌として特に重要なC. jejuni, C. coliおよびC. fetusを簡易かつ迅速に鑑別する検査法を当所で開発しました。さらに、このLAMP法を用いて、鶏肉増菌培養液からC. jejuniおよびC. coliを迅速に検出する方法を確立しました。

 現在、栄研化学からCampylobacterを検出するLAMPキットが販売されていますが、このキットはC. jejuniとC. coliのいずれか一菌種あるいは両菌種の検出用であり、C. jejuniとC. coliの菌種鑑別用ではありません。(2010年1月現在。)菌種鑑別は行政上のニーズが高いことから、以下の方法では、C. jejuni、C. coli、C. fetusを鑑別できるよう設計しています。

1. DNA抽出

 1-1. 培養菌からのDNA抽出(アルカリ加熱抽出法)

 1-2. 鶏肉増菌培養液からのDNA抽出 (レバーは除く)

2. LAMP 法


3. 参考文献

  1. Mohran, Z. S., R. R. Arthur, B. A. Oyofo, L. F. Peruski, M. O. Wasfy, T. F. Ismail, and J. R. Murphy. 1998. Differentiation of Campylobacter isolates on the basis of sensitivity to boiling in water as measured by PCR-detectable DNA. Appl Environ Microbiol 64:363-5.

  2. 高橋正樹、横山敬子. 2000. マルチプレックスPCR法によるCampylobacter jejuni並びにC. coliの迅速同定法. 地方衛生研究所協議会レファレンス委員会資料.

  3. Yamazaki, W., M. Taguchi, T. Kawai, K. Kawatsu, J. Sakata, K. Inoue, and N. Misawa. 2009. Comparison of loop-mediated isothermal amplification assay and conventional culture methods for detection of Campylobacter jejuni and Campylobacter coli in naturally contaminated chicken meat samples.Appl Environ Microbiol 75:1597-603.

  4. Yamazaki, W., M. Taguchi, M. Ishibashi, M. Nukina, N. Misawa, and K.Inoue. 2009. Development of a loop-mediated isothermal amplification assay for sensitive and rapid detection of Campylobacter fetus. Vet Microbiol 136:393-6.

▲ページの先頭へ