ホーム > 感染症情報センター > 病原体サーベイランス

大阪府の病原体サーベイランス(病原体検出情報)



 感染症発生動向調査における患者発生報告対象疾患のうち病原体検出報告の対象として性感染症等を除く疾患が選定されています。http://idsc.nih.go.jp/iasr/32/377/dj3771.html

 保健所は積極的疫学調査として、医師から提供をうけた検体等を所管の衛生研究所へ提出し病原体検出報告がなされます。また一部の定点把握疾患については病原体定点を選定することで病原体の分離等の検査情報を収集しています。

 今回、大阪市・堺市を除く府内の病原体定点から集められた咽頭結膜熱・手足口病・ヘルパンギーナ・無菌性髄膜炎・百日咳疑いの患者の検体数と分離された病原体を、週別・ブロック別で病原体検出情報として表に示しました。


 (病原体検出情報)

 (2016年)

 (2015年)

 (2014年)

 (2013年)

 (2012年)

 (2011年)