ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン
          かわら版@iph
                   143号2015年7月31日発行
ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ

【今月の話題1】
「腸管出血性大腸菌感染症は減っていません」
 腸管出血性大腸菌(EHEC)はベロ毒素と呼ばれる毒素を産生する大腸菌で、ヒトの大腸で増殖して下痢、腹痛、血便などを引き起こします。有症者のうち数%(昨年は3.6%)は、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの合併症に進展して死に至ることもありますが、一方で、無症状や軽い下痢ですむ症例もあり、その病態は様々です。
 http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/143-1.html


【今月の話題2】
「食品の放射性物質検査の現状について」
 平成23年3月11日の東日本大震災に起因した東京電力福島第一原発の事故後、大阪府では平成23年8月より府内に流通する食品の放射性物質検査を行っています。
 http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/143-2.html


【大阪府の感染症サーベイランス情報】
「7月の感染症」
 平成27年第25週〜平成27年第29週のトピックス(6月15日から7月19日)を大阪府感染症情報センターのHPに掲載しました。
 http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/surv15/surv25.html

 http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/surv15/surv26.html

 http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/surv15/surv27.html

 http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/surv15/surv28.html

 http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/surv15/surv29.html


----------------------------------------

◆ 質問・問合せは、
webmaster@iph.pref.osaka.jpへメールして下さい。

◆ メールマガジン講読の配信登録/解除を希望される方は、
    「登録」/「解除」の区分(必須)、配信登録/解除するメールアドレス(必須)、性別、年齢を記載の上、
    webmaster@iph.pref.osaka.jp へメールして下さい。

◆ その他のニュース等参照:
http://www.iph.pref.osaka.jp/

    *******************
   かわら版@iph編集部
   大阪府立公衆衛生研究所
   公衛研ニュース編集会議/企画調整課
    大阪市東成区中道1-3-69
    TEL06-6972-1321
  *******************