ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン
          かわら版@iph
                   58号2008年6月30日発行
ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ

【今月の話題】
「イタリアの石綿管製造工場の引き起こした健康被害」   
 今年6月12日に、厚生労働省が石綿曝露による労働災害の認定情報を公表しました。新聞に、企業の事業所ごとの肺癌および中皮腫による認定数を示す大きな表が掲載されていたので、記憶されている方もおられると思います。
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/58-1.html

【研究の窓から】
「腸管出血性大腸菌O157の遺伝子解析」
 今年も腸管出血性大腸菌(EHEC)感染症が増加する季節になってきました。昨年大阪府では186人のEHEC感染者がありましたが、このうち105人は7〜8月に届出がありました。
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/58-2.html

【大阪府の感染症サーベイランス情報】
「6月の感染症」
 2008年第24週(6月9日から6月15日)の定点あたり報告数の上位3疾患は、感染性胃腸炎(5.6)、A群溶連菌咽頭炎(3.1)、水痘(1.9)でした(()内は定点あたり報告数)。感染性胃腸炎は前週比11%、A群溶連菌咽頭炎は13%、水痘は9%減少しました。
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/58-3.html

----------------------------------------
◆ 質問・問合せは
 <
mailto:webmaster@iph.pref.osaka.jp>
◆ 講読の新規登録/停止はこちら
 <
http://www1.iph.pref.osaka.jp/merumaga/form.html>
◆ その他のニュースは
 <
http://www.iph.pref.osaka.jp/>

    *******************
   かわら版@iph編集部
   大阪府立公衆衛生研究所
   公衛研ニュース編集会議/企画調整課
    大阪市東成区中道1-3-69
    TEL06-6972-1321
  *******************