ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン
          かわら版@iph
                   82号2010年6月30日発行
ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
【今月の話題】
「食品中のカンピロバクターの迅速な検査法の開発について」
 カンピロバクターはニワトリ、ウシ、ブタなどの腸内に棲んでいる細菌ですが、これが付着した食品をヒトが食べると食中毒が起こる場合があります。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/82-1.html

【研究の窓から】
「無機系抗菌剤の安全性評価(3)」−無機系抗菌剤が皮膚常在菌に及ぼす影響−
 金属の抗菌加工剤の過剰使用により、皮膚常在菌のバランスが崩れ真菌症などの障害を引き起こす可能性が指摘されています。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/82-2.html

【大阪府の感染症サーベイランス情報】
「6月の感染症」
 2010年第24週(6月14日から6月20日)の定点あたり報告数の上位3疾患は、感染性胃腸炎(6.1)、手足口病(2.4)、水痘(2.1)でした(()内は定点あたり報告数)。感染性胃腸炎は前週比17%、手足口病は2%、水痘は22%減少しました。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/82-3.html

----------------------------------------
◆ 質問・問合せは
 <
mailto:webmaster@iph.pref.osaka.jp>
◆ 講読の新規登録/停止はこちら
 <
http://www1.iph.pref.osaka.jp/merumaga/form.html>
◆ その他のニュースは
 <
http://www.iph.pref.osaka.jp/>

    *******************
   かわら版@iph編集部
   大阪府立公衆衛生研究所
   公衛研ニュース編集会議/企画調整課
    大阪市東成区中道1-3-69
    TEL06-6972-1321
  *******************