ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン
          かわら版@iph
                   87号2010年11月30日発行
ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
【今月の話題】
「承認審査のスピード化のための取り組み」
 医薬品(くすり)を製造販売(市場に出すこと)する場合には、申請書を提出し、原則として厚生労働大臣の承認を受けることが必要ですが、一部の医薬品については、都道府県知事が承認しています(知事承認)。承認の際には品質、有効性、安全性等がチェックされています(承認審査)。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/87-1.html

【研究の窓から】
「畜水産食品中の抗菌剤の検査について」
 抗菌剤はヒトに対して用いられるほか、家畜や養殖魚に対して感染症の治療や予防に用いられています。適切に使用すれば、抗菌剤が食品に残留することはありませんが、過度に使用した場合や、休薬期間を守らずに使用した場合に、食品に残留する恐れがあります。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/87-2.html

【大阪府の感染症サーベイランス情報】
「11月の感染症」
 2010年第45週(11月8日から11月14日)の定点あたり報告数の上位3疾患は、感染性胃腸炎(6.7)、A群溶連菌咽頭炎(1.8)、流行性耳下腺炎(1.2)でした(()内は定点あたり報告数)。感染性胃腸炎は前週比56%、A群溶連菌咽頭炎は60%、流行性耳下腺炎は21%の増加でした。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/87-3.html

----------------------------------------
◆ 質問・問合せは
 <
mailto:webmaster@iph.pref.osaka.jp >
◆ 講読の新規登録/停止はこちら
 <
http://www1.iph.pref.osaka.jp/merumaga/form.html >
◆ その他のニュースは
 <
http://www.iph.pref.osaka.jp/ >

    *******************
   かわら版@iph編集部
   大阪府立公衆衛生研究所
   公衛研ニュース編集会議/企画調整課
    大阪市東成区中道1-3-69
    TEL06-6972-1321
  *******************