ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン
          かわら版@iph
                   88号2010年12月28日発行
ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ
【今月の話題】
「ノロウイルスが流行しています」
 感染性胃腸炎の病原体はさまざまな細菌、ウイルス、寄生虫を含んでいて多種多様ですが、この時期においては主な原因となるのがノロウイルスです。ノロウイルスは、1968年にアメリカのオハイオ州ノーウオークの小学校で起こった集団胃腸炎から検出され、その4年後に免疫電子顕微鏡下で初めて観察されました。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/88-1.html

【研究の窓から】
「上気道炎の原因となるウイルスについて」
 12月に入って一段と寒さが厳しくなってきました。冬は、インフルエンザをはじめ「上気道炎」の患者さんが増加する時期です。一口に「急性上気道炎」といってもその原因となるウイルスはかなりの種類があります。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/88-2.html

【大阪府の感染症サーベイランス情報】
「12月の感染症」
 2010年第49週(12月6日から12月12日)の定点あたり報告数の上位3疾患は、感染性胃腸炎(19.0)、A群溶連菌咽頭炎(2.2)、水痘(1.7)でした(()内は定点あたり報告数)。感染性胃腸炎は前週比13%、A群溶連菌咽頭炎は13%の増加、水痘は12%の減少でした。
 
http://www.iph.pref.osaka.jp/merumaga/back/88-3.html

----------------------------------------
◆ 質問・問合せは
 <
mailto:webmaster@iph.pref.osaka.jp >
◆ 講読の新規登録/停止はこちら
 <
http://www1.iph.pref.osaka.jp/merumaga/form.html >
◆ その他のニュースは
 <
http://www.iph.pref.osaka.jp/ >

    *******************
   かわら版@iph編集部
   大阪府立公衆衛生研究所
   公衛研ニュース編集会議/企画調整課
    大阪市東成区中道1-3-69
    TEL06-6972-1321
  *******************