大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第1号− 2003年9月30日発行


HIV感染の増加

 我が国および大阪府のHIV感染者は増加を続けています。当研究所では感染のリスクの高い行動をとる人々を対象に独自の調査を12年間にわたって続けています。それによるとこの数年来、男性同性間による感染者が多く見つかっており危険な性行動に警鐘が鳴らされています。 http://www.iph.pref.osaka.jp/news/Vol19/eiknews19.html

(感染症部ウイルス課)