大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第11号− 2004年07月30日発行


多剤耐性緑膿菌について!

 本年6月、大阪府下の医療機関で院内感染が発生していたことが大きく報道され、この事例では「多剤耐性緑膿菌」が原因菌とされました。

 通常の緑膿菌は、流しやトイレなど湿ったところに好んで生息する常在菌で、病原性は弱いため、健康な人に病気を引き起こすことはほとんどありませんが、他の病気などで抵抗力が弱った場合に感染を引き起こす日和見感染菌の一つです。最近、特効薬とされてきた「カルバペネム系」「ニューキノロン系」「アミノグリコシド系」の抗菌薬すべてに耐性を持つようになったものが出現し、こういった緑膿菌を特に「多剤耐性緑膿菌」と呼んでいます。この「多剤耐性緑膿菌」は有効な薬剤がないために、臓器移植や外科手術の後など免疫力が落ちている患者さんが一度感染すると、治療が非常に困難となり、死に至ることもあります。

 ただし、健康な人にとっては

・病院など特殊な環境のみに存在しているため、この菌と接触する機会は非常に限られている
・ 菌が皮膚や喉などについたとしても、速やかに排除されて消えてしまう(通常は投薬による除菌も不要)

 といったことから、日常生活において必要以上に恐れることはありません。他の感染症と同様に、手洗いなど身の回りの衛生管理に気をつけることが重要です。

(細菌課 河原)


▲ページの先頭へ