大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第13号− 2004年09月30日発行


大阪府ウエストナイル熱対応指針!

 大阪府の健康福祉部は、米国などでの流行が続いているウエストナイル熱に対する対応指針を定めます。このような指針の策定は都道府県では初めてです。ウエストナイル熱の原因であるウエストナイルウイルス(WNV)はウイルスを持つ鳥から吸血した蚊を媒介して人に感染します。人での流行に先立って(2?3か月)カラスが死ぬ例が報告されているため、対応指針にしたがって、死亡カラスからのウイルス検出を継続して行います。また、夏場を中心に府内17箇所において蚊を集め、ウイルスの保有調査を実施します。アメリカなど流行地に滞在した後、帰国・入国した人の感染が確認された場合は、家族など同行者の健康調査を行うとともに患者の入院治療を行い、正しい知識や蚊の駆除などについて情報提供を府や市町村から行います。患者の入院に際してはWNVが人から人への感染がないため隔離の必要はありません。また、蚊やカラスからWNVが分離された場合は蚊の調査を集中的に行い、周辺地域の蚊の駆除を実施します。また住民が蚊に刺されないような防御策の周知をはかり、相談窓口を本庁や保健所に設置します。さらに流行地からの入国・帰国者でない人の感染が確認された場合は国内での感染が疑われるので、患者の行動範囲等の調査、周辺での死亡鳥の調査、蚊のウイルス保有調査などを検討し、感染源の特定をはかります。この場合も相談窓口を設置し、蚊の駆除や個人の防御策の周知をはかります。なお、以上いずれの場合も蚊、鳥のウイルス検査は当研究所で行い、ウエストナイル熱が疑われる患者の検査は医療機関あるいは当研究所で実施されます。

(ウイルス課 大竹 徹)


▲ページの先頭へ