大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第16号− 2004年12月28日発行


アレルギー物質を含む食品の検査を開始します

 近年、特定の食品を摂取することによりアレルギー症状を起こす人が増えています。そこで、2002年4月から、アレルギー物質を含む食品の表示が義務付けられました。

 その内容は、特に発症数の多い食品として卵、乳および小麦、また特に症状が重篤な食品としてそば、落花生の計5品目を「特定原材料」とし、これらを含む加工食品について、表示する義務を課すものです。このことにより、「特定原材料」に対するアレルギー体質を持つ人が安全な食品を選択できるようになります。また、あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの計19品目についても、過去にアレルギーの症状を示す症例が一定頻度で発生していることから、表示が奨励されています。

 当所では、今年度中に食品中の「特定原材料」について、厚生労働省の通知に基づいた検査を行う予定です。検査方法は、スクリーニング検査としてELISA法、確認検査として卵、乳についてはウェスタンブロッティング、小麦、そば、落花生についてはPCR法を用います。

 検査を行うにあたり、私たちの身の回りには「特定原材料」を含む食品が多数存在することから、他の検査よりもコンタミネーション(混入汚染)の防止に気を使う必要があります。迅速、正確な検査を行うために、現在、様々な検討を行っているところです。



▲ページの先頭へ