大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第19号− 2005年03月31日発行


インフルエンザ終息へ!

 今冬のインフルエンザの流行は、例年より約1ヶ月遅い、年明け第4週から定点あたりの患者報告数が増加し始めました。大阪府内での定点あたりの患者数はその後増加し続け、第8週で36.2名/週とピークを迎え、第10週現在で患者数は減少傾向にあります。全国的にみれば、過去10年で2番目の規模の流行となりました。

 今冬の流行の特徴は、その主流ウイルスがB型だった点にあります。B型インフルエンザウイルスはA型と異なり、亜型ほど大きな区別はありませんが、Victoria系統、Yamagata系統という2種の抗原性の異なる系統に分けられます。B型はあまり大きな流行とならないことが多いのですが、今冬、異例の大流行となりました。その背景には、一昨年と3年前のシーズンは今年の流行株とは異なる系統(Victoria系統)のウイルスが流行し、昨年はB型の流行が見られなかったことから、今冬流行したウイルス(Yamagata系統)に対する免疫力が十分でなかったことが考えられます。

 ようやく下火になりつつある流行ですが、まだ完全に終息したわけではありません。各地ではA香港型ウイルスの分離報告も続いていますので、引き続き注意が必要です。

(ウイルス課 森川、加瀬、宮川)


▲ページの先頭へ