大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第33号− 2006年05月31日発行


大阪におけるHIV感染の増大!

 大阪の繁華街のひとつであるアメリカ村の一角でNPOが毎週日曜日に開くエイズ即日検査所では毎回30〜40人の人々が訪れます。開設されて1年半のあいだに約2000人が検査を受けましたが、17人のHIV陽性者がみつかり陽性率は0.8%に達しました。世界では1年間に約500万人の新たなHIV感染者が生じていると推定されていますが、その大部分がアフリカやアジアの開発途上国での増加です。ほとんどの先進国では感染者の増大にブレーキがかかっている状況のなか、我が国では依然HIV感染の拡大が続いています。大阪も例外ではなく、2004年から2005年にかけての全国のエイズ患者、HIV感染者の増加が3%であったのに対し、大阪の2005年の報告数は152名であり前年に比べ15%増加しており、心配な状況です。感染者はその大きな部分を男性同性間の感染者が占めますが、異性間の感染も少なくありません。また、今のところ女性の感染者は男性の1/10程度ですが、若い世代ではむしろ女性のほうが活発な性行動をとっているとの調査報告もあり、女性感染者の増大につながることが懸念されます。

 私達は14年間にわたって、性感染症のクリニックを訪れる人々、つまり性行動が活発でHIVの感染についてリスクが高いと思われる人々について、HIVと性感染症の疫学調査を続けてきました。この調査でも男性同性間の感染者を中心に毎年1%前後の感染者がみつかっています。効果的なHIV対策としては男性同性愛者など性行動の活発な集団への啓蒙活動、また性行動を始める年齢が若年化している現在、小学校からエイズをはじめとする性感染症の予防教育が必要になっているのではないでしょうか。

(ウイルス課 大竹)


▲ページの先頭へ