大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第37号− 2006年09月29日発行


高病原性鳥インフルエンザ・インフルエンザ(H5N1)防疫総合訓練が行われました!

   平成18年9月14日午後、大阪府、大阪市、堺市、高槻市、東大阪市が参加し、高病原性鳥インフルエンザが発生し、さらにヒトへの感染が起こったことを想定した総合訓練が行われました。この訓練の目的は、関係している機関つまり行政(健康づくり感染症課、動物愛護畜産課)、保健所、家畜保健衛生所、衛生研究所、医療機関の連携を確認し、「大阪府新型インフルエンザ行動計画」に示された活動の習熟を図ることにあります。

 訓練は実際に同様の事例が発生した場合4日間の時間の経過をたどるところ、半日に短縮して行われましたが、概要は次のとおりです。

 府内の養鶏農家で鶏の死亡事例が発生し、農家から府家畜保健衛生所に連絡が入り、府家畜保健衛生所は高病原性鳥インフルエンザ疑い例として臨床検査を行うため、検体を府病性鑑定室に送付する。病性鑑定室は遺伝子検査(PCR法)の結果A型インフルエンザと確認する。その後、国の検査機関である動物衛生研究所で検査したところ、H5亜型が確認された。家畜保健衛生所は感染鶏の殺処分や鶏舎の消毒などの防疫作業を実施する。八尾保健所は養鶏農家の従業員の健康診断を行い、発熱と咳の症状を示していた2名について、インフルエンザ(H5N1)要観察例と判断。八尾保健所の要請を受けた藤井寺保健所及び富田林保健所は感染症指定医療機関(市立泉佐野病院)へ2名の搬送を担当。この2名の検体を大阪府立公衆衛生研究所に送り、遺伝子検査を実施したところ、H5亜型が確認された。また、八尾保健所は鶏舎等で防疫作業を行う者に対する健康調査を実施する。さらに、2名の要観察例の従業員の家族の健康調査を住所地である大阪市と堺市の保健所に依頼。両保健所が調査を行ったところ発熱、咳があったため、これらの家族もインフルエンザ(H5N1)要観察例と判断された。検体を採取し大阪市立環境科学研究所および堺市衛生研究所に送り遺伝子検査を実施したところH5陽性が確認されたため、大阪市保健所は高槻市保健所に応援を依頼し、感染症指定医療機関(大阪市立総合医療センター)に、堺市保健所は東大阪保健所に応援を依頼し感染症指定医療機関(市立堺病院)に患者を搬送した。感染鶏の検体を送付された動物衛生研究所、要観察例のヒトの検体を送付された国立感染症研究所の検査によりこのウイルスはA型インフルエンザウイルスH5N1と最終診断された。

 訓練はいくつかの反省点はあったものの、大きな問題を生じずに無事終了しました。

 公衆衛生研究所では今回のような鶏からヒトへの高病原性鳥インフルエンザ感染例や、現在、世界のどこで発生してもおかしくない新型インフルエンザの出現に備えて、PCR法のみならずより迅速にウイルス遺伝子を検出するLAMP法、あるいは確実にウイルスの存在を確認できるウイルス培養法(ウイルス分離)を併用し、精度の高いかつ迅速性のある診断を実施できる態勢を整えています。

(ウイルス課 大竹 徹)


▲ページの先頭へ