大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第39号− 2006年11月30日発行


フィリピンから帰国した男性が狂犬病で死亡!

 11月17日、京都の男性が狂犬病を発症していることが新聞などで報道されましたが、同日未明に死亡されました。厚生労働省健康局の11月16日付通達によれば、この男性はフィリピンに渡航中8月末に犬に手を咬まれており、11月に帰国後発症したとのことです。

 また、11月22日にも、8月頃フィリピンで犬に咬まれた横浜の男性が、狂犬病を発症していることが確認されました。

 狂犬病は、狂犬病ウイルスに罹患した動物(イヌ、ネコ、コウモリを含むすべての哺乳動物が感染する)に咬まれて出来た傷から、唾液中に含まれるウイルスが侵入することにより感染します。潜伏期はおおむね1-3ヶ月で、この間にワクチンを6回接種する以外治療法がありません。発症すればほぼ100%死亡します。ヒトからヒトへは通常感染せず、患者さんから狂犬病感染が広がる心配はありません(詳しくは http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_18/k03_18.html)。

 1970年にもネパールを旅行中の日本人が犬に咬まれ、帰国後発症し死亡した例がありますが、日本国内では1957年以降、人でも犬でも発生例はありません。そのためか、過去の病気のように思われがちで、海外旅行でも鳥インフルエンザやウエストナイル熱のようには注意が払われていません。ところが、世界中では今でも年間5万人以上の人が狂犬病によって死亡しています。感染源として、隣国のアジア諸国では犬の狂犬病が猛威を振るっており、欧米、中南米、アフリカでは犬以外にもキツネ、アライグマ、コウモリなどの野生動物で狂犬病が流行して大きな問題となっています。狂犬病の発生がない地域として厚生労働省が指定しているのは、日本を含め台湾、オーストラリア、グアム、ニュージーランド、フィジー、ハワイ諸島、アイスランド、英国、スウェーデン、ノルウェーだけです。

 今月の初め、アメリカ合衆国インディアナ州でコウモリに咬まれた10才の少女が死亡したと報じられました。インディアナ州での人の狂犬病症例は1959年以来とのことです。一方中国では、今年1月から8月までの間に狂犬病による死者が1735人と発表されています。

 海外旅行先では、可愛いからといってむやみに犬や野生動物に近づかないようにしましょう。厚生労働省ではアジア、アフリカ、中南米の国への旅行者や長期滞在者に予防接種を勧めています(http://www.forth.go.jp/)。当研究所では、大阪府健康福祉部食の安全推進課と連携し、狂犬病の疑いがある動物が発生した場合のウイルス検査体制を整えています。

(ウイルス課 森)



▲ページの先頭へ