大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第4号− 2003年12月26日発行


酢ガキのおいしい季節になりました

 冬の味覚、カキのシーズンが始まりました。

 しかし、この時期に合わせて流行するのがノロウイルス*というウイルスによる胃腸炎で、大阪府の冬場の食中毒発生件数でトップの座を占めています。

 このウイルスは、ヒトの体内でしか増えませんが、便とともに排泄されたウイルスが、河川から海に入り、カキなどの二枚貝に蓄積されます。それを生で食べることにより、倦怠感、腹痛、嘔吐、下痢などの症状の食中毒を起こします。また、少量のウイルスでも感染するので、ウイルスを保有するヒトから健康なヒトへ伝染する感染症の原因にもなるウイルスです。

 公衛研では、毎年、岩カキやホタテ、生カキなどからのノロウイルスの検出を行っています。平成14年度の検査では、夏季の岩カキやホタテは、10検体中1検体、冬季の生カキは、30検体中9検体から検出されました。ノロウイルスは、培養することも実験動物に感染させる事もできません。そこで、検出は、RT-PCR法という遺伝子を増幅させる方法で行っています。

 酢ガキは美味しいのですが、感染の可能性は捨てきれませんので、カキ鍋やカキフライ等、加熱して食べることをお勧めします。

 http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol6/eiknews6.html


*カリシウイルス科に属するウイルスで、以前は小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれていましたが、2002年の国際ウイルス学会の命名委員会で正式にノロウイルスと命名されました。

(細菌課 依田 知子)


▲ページの先頭へ