大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第40号− 2006年12月27日発行


全国自然毒中毒研修会が開催されました

 11月30日から12月1日の2日間にわたって姫路商工会議所と姫路市環境衛生研究所を会場に、近畿地区自然毒中毒研究協議会が主体となって初の全国自然毒中毒研修会が開催されました。これは、地域保健総合推進事業「健康危機管理における地方衛生研究所の広域連携システムの確立」の一環として行われたものです。

 アオブダイによる食中毒(愛知県):54歳男性と79歳女性が食後17-49時間で呼吸困難、痙攣、全身筋肉症で入院し、3日後に女性が死亡(パリトキシン)。

 パック詰め刺身による中毒事件(大阪府):スーパーより「トラフグ」の表示のあるパック詰め刺身を購入し、これを摂食した1名が罹患した。検査の結果、吐物から20MU/g、同一ロットのパック詰め刺身9検体から5.6-66.0MU/gのテトロドトキシンを検出した。行政による調査の結果トラフグの表示は偽りで、ナシフグであることが判明した。

 チョウセンアサガオによる食中毒事例(大分県):自宅菜園のゴボウを採取した際、チョウセンアサガオの根が混入し、調理したきんぴらごぼうを介して喫食した家族5名が意識障害等を主症状とする中毒症状を呈し、うち1名が入院した。原因物質ヒヨスチアミン、スコポラミン

 ドクツルタケによる食中毒(大阪市):患者数2名。生駒山で採取したキノコ(後でドクツルタケと判明)をゆでて食べ、数時間後に胃腸障害をおこし入院、その後退院し、数日後意識不明となり再入院。その時点でドクツルタケによることが判明した。

上の記述は地方衛生研究所全国協議会「健康危機事例集」(http://www1.iph.pref.osaka.jp/ophl2/hcs/hcslisttop.asp )の一部を転載したものです。自然毒による食中毒が意外におこっており、しかも発生すれば重篤な結果が多いことがわかります。

 自然毒中毒の原因解明には、中毒の原因になった生物の同定と毒素の測定が必要になり、専門的な訓練が必要な分野です。全ての自然毒に通じた専門家が少ないのが現状です。そのため、互いに得意な技術と知識を持ち寄って伝えあうこと、専門家のネットワークを作ることを目的として今回の研修会が開かれました。あわせて、中毒事例のデータベースも構築することになりました。これには、原因生物の写真も加え、今後の参考になることを目指しています。

 研修会には、全国の地方衛生研究所の担当者や検疫所・大学・自治体等から134名が参加し、「魚介類による食中毒-フグ毒を中心に-」と「キノコ毒について」の教育講演、「下痢性貝毒」「麻痺性貝毒」「スギヒラタケ」「フグ種鑑別」「亜熱帯域におけるシガテラ等の自然毒中毒」「輸入食品-特に自然毒関連違反の動向」「植物毒による食中毒」などの事例報告のあと、「フグ・ハタ類の鑑別」「貝類のテトラミン検査法」の講習と実習が行われました。多数の参加者で混み合いましたが、一人一人が巻貝を手にしてテトラミンを保有する唾液腺の除去方法を実習しました。フグ類は種類によって毒の存在部位が異なります。その鑑別について、実物等を使用した形態学的な分類の講習に熱心に聴き入るとともに多くの質問をしていました。また、遺伝子解析による鑑別の試みなども報告されました。

(企画調整課 赤阪)


▲ページの先頭へ