大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第41号− 2007年1月31日発行


大阪府内の動物取扱業者飼養犬の犬ブルセラ病集団感染

 大阪府和泉市の動物取扱業者(繁殖販売)が飼養していた犬がブルセラ病*に感染しているという情報を受け、大阪府は1月11日および12日に飼養していた全頭の血液採取を行い、感染検査を実施しました。

 昨年4月発行のメールマガジンでもお知らせしましたように、公衆衛生研究所では「バイオテロ対策」としてブルセラ症の検査態勢を確立しており、大阪府南部家畜保健衛生所病性鑑定室と共同で飼育している犬257頭について血液中の抗体価の測定とブルセラ菌遺伝子増幅検査を行いました。その結果、118頭がどちらかの検査で陽性であることがわかりました。

 これを受け大阪府では1月23日に大阪府獣医師会、大阪市獣医師会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会および大阪府動物愛護畜産課、食の安全推進課を構成メンバーとする大阪府ブルセラ病等救援本部を設置し、今後の救援を実施していくことになりました。当所は今後ブルセラ症専門アドバイザイーとして協力することになっています。

 以下に「犬ブルセラ病」の概要を掲載します。

「犬ブルセラ病」

 犬ブルセラ病はブルセラ属の細菌のうち Brucella. canis というグラム陰性の小さな球桿菌が犬および犬科動物に感染し発症する病気です。臨床症状としてはリンパ節障害のほかオスでは睾丸炎、精巣上体炎、睾丸萎縮、メスでは胎盤炎、死産、流産などがありますが、ほとんどの犬は外見上、異常は認められません。今回の和泉市の動物取扱業者が飼養していた犬も採血時にブルセラ病の症状を呈していた犬はいませんでした。そのため一般のペットとして飼われている犬がブルセラに感染しても飼い主が気づくことはほとんどないと思われます。繁殖業者で流産が多発することによって初めて感染に気がつくという場合が多いようです。

 【感染源】

 犬は感染しても特徴的な臨床症状がない状態で生殖器系の臓器に持続感染します。また菌血症も1〜2年、場合によってはそれ以上持続するとされています。犬から犬への感染力は強く、非常に少ない菌で感染が起こるため交尾や流産胎児、胎盤、悪露等との接触ばかりでなく、組織や血液、体液の付着した汚染物の経口摂取、またそれらの飛沫の吸入によっても感染します。ヒトへの感染は世界的に見ても報告数が30例程度と少なく、ヒトへの感染力は弱いとされています。

 【発生】

 犬ブルセラ病は世界的に発生していますが、家畜と異なり経済的被害が少ないことから各国とも法による規制がほとんどないのが現状です。わが国でも犬のブルセラ病は家畜伝染病予防法の対象外であり放置されてきました。わが国の犬のブルセラ抗体保有状況調査では数%の犬が抗体を保有しており、潜在的に感染があることが確認されています。また平成15年には静岡県内の犬繁殖施設における集団感染の報告もありました。

 【今後の対応】

 ペットとして飼育されている犬においてブルセラ感染が問題になることはほとんどないと考えられますが、多頭飼育する犬繁殖業者では今後も同様の集団感染が起こる可能性があります。昨年(平成18年)6月1日には一部改正された動物愛護管理法が施行され、動物由来感染症の予防の項に、動物の所有者等の責務規定として「動物に起因する感染症の疾病の予防のために必要な注意を払うよう努めること」と明記されています。今後は犬繁殖業者もブルセラ病発生予防のため、飼養犬の定期的な検査、他施設からの導入時の検査、検疫等を実施することが必要と考えられます。

*ブルセラ病:

 家畜伝染病予防法では牛、水牛、しか、めん羊、山羊、豚、いのししのブルセラ感染をブルセラ病としており、犬もこれに準じて犬ブルセラ病としています。ヒトの感染は感染症予防法でブルセラ症とされています。

(細菌課 勝川)


▲ページの先頭へ