大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第45号− 2007年5月31日発行


ツメタガイ(巻貝)に御用心

 平成19年5月7日、二色の浜で採取したツメタガイ(巻貝)(注1) から規制値 (注2) を超える麻痺性貝毒(4.9MU/g)が検出されました。

 本年4月中旬頃から大阪湾に麻痺性貝毒を産生するプランクトンが高密度に発生し、これを餌としている二枚貝が毒化しています。高毒化した二枚貝を人が摂食するとフグ中毒に似た中毒に陥り、重篤な場合は死亡する危険性があります。

現在、大阪府は当該中毒の発生防止のため、アサリの潮干狩りやアカガイ、トリガイの採捕について自粛を要請しています。

 当所では毒化が早く出現するムラサキイガイ等の二枚貝を対象に毎年モニタリング検査を実施していますが、平成19年5月7日、二色の浜で同時に採取したツメタガイ(巻貝)からも規制値を超える麻痺性貝毒(4.9 MU/g)を検出しました。

 二枚貝を捕食するカニ類(トゲグリガニ、イシガニ)も毒化することが知られていますが、今回のツメタガイの毒化は有毒のアサリなどの二枚貝を捕食したことによると考えられます。

 なお、5月28日、二色浜と樽井浜で採取したツメタガイの毒力は7.3〜13MU/gでした。潮干狩りなどで、採取・摂食しないよう注意してください。

 5月30日現在、二枚貝の毒は減少傾向ですが、アカガイについては規制値を超えています。淀川下流のシジミについて安全宣言が出されていますが、その他の二枚貝については今後の毒化情報等に注意してください。

(細菌課 濱野)

(注1)ツメタガイ タマガイ科 Glossaulax didyma

特徴: 殻長径9 cm。殻は厚く、丸い巻貝。表面は平滑で淡い茶〜灰褐色、縫合下に橙褐色帯がある。殻底は白く殻頂は黒い。有用2枚貝を食害する有害種で、海辺で小さな丸い穴のあいたアサリなどの貝殻を見かけるが、ツメタガイに食べられた跡である。砂浜に多く、水深0〜50mまでの細砂底に生息する。

(注2)

4MU(マウスユニット)/g(可食部)を超えないこと





▲ページの先頭へ