大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第46号− 2007年6月29日発行


水道水中のパーフルオロオクタン酸(PFOA)

 2007年5月、パーフルオロオクタン酸(PFOA)による水質汚染が京阪神地域で起こっていると新聞などで報道されました。また、同時に水道水からの検出も報道され、この新たな汚染に対し関係者は注目することになりました。今回はこのPFOAについて説明します。

 PFOAは人工的に合成された化合物で、自然に存在するものではありません。フッ素系の界面活性剤の一種であり、撥水剤やフッ素樹脂製品の製造などの用途に幅広く使用されています。PFOAの構造式を図1に示します。炭素原子(C)とフッ素原子(F)の結合が非常に強いため、PFOAは環境中や生体内で分解されにくく、また、生物に対して蓄積性があることから、近年新しい環境汚染物質として関心が持たれています。その毒性は、動物実験で発がんとの関連が指摘されていますが、ヒトへの毒性に関しては今のところはっきりとはわかっていません。現在、詳細なリスク評価が米国の環境保護局(EPA)において行われているところです。また環境汚染の発生源についても、下水放流水やPFOA以外の有機フッ素化合物からの分解などが考えられていますが、はっきりとはわかっていないのが現状です。

 公衆衛生研究所では、従前より行政と連携し、飲料水の安心と安全確保のために、水道水源(原水)および水道水(浄水)中の微量有機物質の中で特に法的に規制されていない色々な物質を対象に調査を行っています。平成18年度にはこのPFOAを対象に選び、調査を実施しました。その結果、PFOAは微量(ng*/Lレベル)ですが、すべての原水および浄水試料から検出されました。現在、我が国ではPFOAに関する水道水質基準等は設定されておりません。しかし、米国EPAと企業側との間で設定されたアクションレベル(500 ng/L)「水道水においてこのレベル以上のPFOAが検出された場合は、企業側は水道水の浄化や代替水源に責任を持って行うという基準」から判断すると、今回の調査で検出されたPFOAの濃度は、かなり低い濃度でした。したがって、水道水を飲むことにより健康影響がでる可能性は低いと考えられます。また、当所では平成15年から淀川水系を対象にPFOAのモニタリングを行っておりますが、このアクションレベルを超える濃度は検出されておりません。

 なお、今後ともPFOAに関する情報収集や調査を継続して行うほか、水環境中の濃度分布や挙動について研究し、汚染の低減化や安心安全の確保に努めたいと考えています。


図1.PFOAの構造式

* ng:

 ナノグラム。1 ngは10億分の1グラム。

(環境水質課 高木)


▲ページの先頭へ