大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第48号− 2007年8月31日発行


蚊が媒介する感染症にご注意

 夏の間、蚊に刺されたことがないという人はどれくらいいるでしょうか。たいていの人は一度や二度はかゆい思いをしているのではないでしょうか。庭で草花の水やりをしていて、キャンプに行って、お墓参りに行って、花火の見物に行って等々蚊に刺される機会はたくさんあります。このように蚊は私たちにとって最も身近な吸血性の昆虫ですが、時に病原体の運び屋となって人に病気をもたらすことがあります。ここでは、そのような感染症について少し紹介しようと思います。

 現在、わが国には蚊が媒介する感染症として唯一、日本脳炎があります。かつて大流行したこの病気もワクチンの普及や環境の整備によって患者数は減少し、今では年間数例程度の発生にとどまっています。ただ、ここ2年ほど副作用の問題からワクチン接種の勧奨が差し控えられており、ワクチンを受けていない人が増えつつあることが憂慮されています。

 一方、世界を見渡すと熱帯・亜熱帯地域を中心に蚊に刺されて感染する病気がたくさんあります。マラリアやデング熱などはその代表的なもので、これらだけで年間数億の人が感染していると推計されています。特にデング熱は、今年になって東南アジアでかなり流行しており、インドネシアではすでに10万人近くの患者が発生しています。また、北アメリカでは、1999年以降ウエストナイル熱が猛威をふるい、2005年からはインド洋の島々やインドでチクングニア熱が流行しています。このような状況の中、海外に出かけてマラリアやデング熱に感染する日本人も毎年数十人以上報告されており、ウエストナイル熱やチクングニア熱にかかった人もすでに報告されています。海外の流行地へ出かける場合は、このような蚊が媒介する感染症に十分注意する必要があります。

 残念ながら蚊を根絶することは困難ですし、蚊が媒介する感染症もなかなかなくなりそうもありません。以下に個人でできる注意点をいくつか挙げておきますので、もし海外の流行地へ行くようなことがあったら、参考にして下さい。くれぐれも「短パンにサンダルで、ビールを飲みながら屋外のベンチで夕涼み」ということがありませんように・・・

・皮膚を露出しないような服装をする。
  暑い地域の場合が多いですが、できるだけ長袖、長ズボンを着用し、靴を履く。
  薄手の生地の服の場合は上から刺されることもあるので注意が必要。
・蚊の活動が活発な時間帯に出歩かない。
  蚊の種類にもよりますが、日没後及び夜明け前の数時間は蚊の活動が活発なことが多い。
・寝る時は蚊取り線香等をつけたり、蚊帳を使用する。
・野外へ出かける時は忌避剤(虫よけスプレー)を携行し、必要に応じて使用する。

(ウイルス課 弓指)


▲ページの先頭へ