大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第5号− 2004年01月30日発行


鳥インフルエンザ -家禽ペスト-

 本年1月12日に山口県の養鶏場で、鶏が鳥インフルエンザ(A型)に感染して大量死していることが明らかになりました。我が国では1925年以来、79年ぶりの発生です。韓国では昨年12月に感染被害が拡大し、いずれ日本にも影響が及ぶのではないかと心配していた矢先の出来事でした。

 A型のインフルエンザウイルスはヒト以外にもブタ、ウマ、クジラなど多くの動物が感染しますが、元来の自然宿主はカモです。A型のヘマグルチニン蛋白(HA)には、H1からH15まで15種類の血清型があり、カモはそれらすべてに感染します。カモでは病原性のないインフルエンザウイルスですが、カモに接触した家禽で強い病原性を発揮することがあります。ニワトリやシチメンチョウが大量死しますと社会問題にも発展し、これを家禽ペストと呼んでいます。世界的にみますと、時々家禽ペストが発生しています。その中で最大級のものは1983年、アメリカ・ペンシルバニア州の養鶏場で発生し、1,700万羽が処理され4億ドルの被害が出ました。

 家禽ペストを起こすウイルスはH5かH7で、例外を除いてヒトには感染しません。ところが1997年の香港で、鶏のH5ウイルスに18名が感染して入院し、6名が死亡するという事件が発生しました。鳥インフルエンザがヒトの呼吸器に感染したという初めての事例です。昨年はオランダでH7に感染した1名が死亡し、今年に入ってからベトナムでH5に感染した数名が死亡しています。今一番心配されているのは、鳥インフルエンザが変異を起こし、ヒトからヒトへ感染する能力を有することです。こうなりますと、新型インフルエンザの出現ということで、SARSよりはるかに大きな被害がでることは間違いありません。この大規模災害に備え、パンデミック・プラニング*の策定を急がなければなりません。

*パンデミック(世界的大流行)・プラニング:

 国家、地域レベルで流行の影響を予測し、前もって対策を立てて最小限の被害で済むよう立案すること。地震の予知、対策に似ている。

(感染症部 奥野)


▲ページの先頭へ