大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第6号− 2004年02月27日発行


化学兵器リシン

 今年2月2日米国上院議員の郵便室で白い粉が見つかり、リシンと断定されたとの報道がありました。幸いなことに、日本では炭疽菌騒動のような類似騒動が起こっていませんが、念のために調べた情報をお知らせします。

 リシンは化学兵器禁止条約(CWC1997年4月29日発効)のリストにあげられており、化学兵器として開発された歴史を持つ植物由来毒です。
 トウゴマRicinus communis の種子にはリシンが含まれており、2-3個の種子を噛むだけでも致死的です。精製されたリシンは固体・無味無臭で、水にのみ溶けます。煮沸することによって不活性化することが出来ます。

 2本の糖タンパク鎖からなり、酵素作用で、細胞の中でタンパク質を合成するリボゾームの働きを止めます。リシンが細胞に入るとタンパク質を合成できなくなり、細胞が死にいたります。そのために、症状に特徴がありません。

 傷のない皮膚からは吸収されませんが、小さな傷からも容易に血管へ入ります。

 飲み込んだ場合:

 消化酵素でタンパク質は分解されず、嘔吐、不快感、胃痛、血液混じりの下痢、排便・排尿時の痛み、うとうと状態、筋肉の弱り、こむら返り、手足のしびれ、脈拍が上がる等の症状が見られます。治療は、直ちに胃洗浄、活性炭吸着、下痢を止め、給水と電解質管理が必要です。


 ほこりやエアロゾルとして吸入した場合:

 衰弱、発熱、めまい、呼吸困難、せき、肺水腫、肋骨の痛みなどの症状が見られます。マスクによって防護できます。治療は呼吸補助と肺水腫の治療です。


 毒性:

 致死量は吸入で1 mg、注射による投与も同様です。飲食で2-3 mg。これ以下でも曝露を繰り返すとアレルギー症状が見られます。


 検査:

 抗原抗体反応を利用した迅速検査薬が販売されています。化学的な分析は不純物が多く非常に困難ですが、アミノ酸分析で特定のアミノ酸が含まれていないことで確認します。


(企画調整課 赤阪)


▲ページの先頭へ