大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph

 −第6号− 2004年02月27日発行


我が家の猫が野鳥を捕まえていましたが、鳥インフルエンザの心配は?

 ご質問の件につき、お答えします。

 飼い猫が野鳥と接触して鳥インフルエンザに感染することをご心配されていることが理解できました。猫がインフルエンザに感染するという例は今までになかったので、タイで猫が鳥インフルエンザにかかって死亡したというニュースには驚きました。このニュースがどこまで正しいかわかりませんが、WHOの見解では、それほど心配しなくてもよいとのことです。タイの件は、猫が感染した鶏と濃厚な接触があったものと推察できます。東南アジアや中国の田舎では、人と家禽、ブタ、猫、犬などが一緒に生活している所が多いです。このような環境でないと、鶏から人や猫に感染することはないと考えられます。日本の生活環境では、人や猫が鳥インフルエンザに感染することはまずないでしょう。

 また、鳥インフルエンザにかかった野鳥からいきなり哺乳類が感染することも、可能性としては非常に低いと思われます。というのは、発病していない野鳥ではそれほどたくさんのウイルスを排出しておらず、鶏などで大量に増えたウイルスが人や猫に病気を引き起こしていると考えられるからです。以上より、飼い猫のことを心配される必要はないと思います。

(感染症部 奥野)


▲ページの先頭へ