ごみ焼却場職員のダイオキシン類暴露状況

衛研には労働衛生部という部門があります。職場で発生する化学物質中毒や騒音性難聴、あるいは腰痛や頚肩腕障害などの健康障害から府民を守ることを目的として、様々な調査研究を実施しています。これらの中から、ごみ焼却場職員のダイオキシン類への暴露状況調査を紹介します。
 1999年3月、労働省(現:厚生労働省)は、豊能郡美化センター(大阪府)の職員の健康調査結果を発表しましたが、焼却炉関連施設内に立ち入って作業を行なったことのある職員の血中ダイオキシン類濃度は平均323pgTEQ/g脂肪と、一般人の約15倍に上昇していました。全国では、1,000を超える自治体の焼却場がありますが、他の焼却場でも同様の状況であるとすれば憂慮すべき事態です。このため、当所では、これまで6つのごみ焼却場において、職員の血中ダイオキシン類濃度の調査を実施しました。

表1 対象焼却場の概要と排ガス中のダイオキシン類濃度
焼却場
A
B
C
D
E
F
稼動開始
1988年
1980年
1975年
1981年
1986年
1979年
ごみ処理量
160トン/日
300トン/日
600トン/日
20トン/日
40トン/日
60トン/日
炉形式
全連続式
ストーカ
全連続式
ストーカ
全連続式
ストーカ
バッチ式
流動床
准連続式
流動床
准連続式
ストーカ
除塵装置
電気集塵器
電気集塵器
電気集塵器バッグフィルター
バッグフィルター**
電気集塵器
電気集塵器
排ガス中ダイオキシン類濃度 (ngTEQ/Nm3)*
8.9-42
0.82-1.35
0.072-12
0.22-590
11-256
11-53
 *: 1995〜98年のデータ  ng:1gの10億分の1  **:以前に電気集塵機使用

1. 毒性等量(TEQ)とは

 最初に、血中ダイオキシン類濃度の数値の見方について簡単に説明します。ダイオキシン類というのは、ダイオキシン、ジベンゾフラン、そしてコプラナーPCBの総称です。塩素の数とその付く位置によって様々な種類があり、現在、毒性係数が定められたものは29種類あります。毒性の強さは物質ごとに大きく異なります。このような毒性の強さの異なる種々のダイオキシン類を総合的に評価する指標が毒性等量(TEQ)です。新聞やテレビで報道される数値は、多くの場合この値です。ただし、「ダイオキシン+ジベンゾフラン」を算出している場合と、「ダイオキシン+ジベンゾフラン+コプラナーPCB」を算出している場合がありますので注意が必要です。

2.単位はpg/g脂肪

 ダイオキシン類は脂肪によく溶けます。このため、体内では脂肪組織にもっとも多く蓄積しており、脂肪組織中のダイオキシン類濃度は体内蓄積の指標になります。血液中には脂肪が少ないため、ダイオキシン類の蓄積も少ないのですが、血中脂肪1g当たりの濃度として表すと、脂肪組織中濃度と同程度になります。単位はpg/g脂肪と書きます。毒性等量で表す場合はpgTEQ/g脂肪で、pg(ピコグラム)とは1グラムの1兆分の1です。

3.焼却場職員と一般人を比較

 調査した6つの焼却場の概要を表1に示します。排ガス中ダイオキシン類濃度は0.072〜590ngTEQ/Nm3と低いケースから高いケースまで含まれています。焼却場A、B、Cでは勤続年数が長い職員10名から採血し、焼却場D、E、Fでは全職員(7、7、6名)から採血し、血中ダイオキシン類濃度をガスクロマトグラフ・質量分析計で測定しました。また、比較のため、同じ地域で勤務する一般人(職業的にダイオキシン類暴露がない)を同数選び、同様に測定しました。

4.毒性等量は一般人と同程度

図1は焼却場職員と一般人の血中ダイオキシン類濃度の平均値を毒性等量(ダイオキシン+ジベンゾフラン)で表しています。焼却場職員では、23、28、35、23、29および23pgTEQ/g脂肪、一般人では29、28、29、16、19、および25pgTEQ/g脂肪です。いずれの地域でも、統計的に検討してみると両者間で差はありませんでした。したがって、毒性等量で見ると、これら6カ所の焼却場職員の血中ダイオキシン類濃度は、一般人と同程度であると言うことができます。
図1 焼却場職員と一般人の血液中
   ダイオキシン濃度

5.焼却場職員では一部のダイオキシン類濃度が高い

 しかし、ダイオキシン類の種類ごとに血中濃度を比較すると、一部の物質では、両者間に差が見られました。特に、1,2,3,4,6,7,8-七塩化ジベンゾフランについては、いずれの地域でも焼却場職員の方が高い結果となりました(図2)。図3は、焼却場での1,2,3,4,6,7,8-七塩化ジベンゾフランの暴露指数(焼却場内の堆積粉塵中濃度×職員の勤続年数)と職員の血中濃度の関係を示しています。暴露指数の上昇とともに血中濃度も高くなっており、勤務中の暴露を反映していることがわかります。五塩化,六塩化,八塩化ジベンゾフランについても同様の傾向が見られました。このことは勤務中にダイオキシン類を体内に取り込んでいることを示しています。

6.ダイオキシン類の取り込み防止対策を実施

 今回調査した焼却場では、職員の血中ダイオキシン類濃度は、毒性等量から見ると一般人と同程度でした。しかし、ダイオキシン類の一部が一般人よりも高くなっており、勤務中にダイオキシン類の取り込みがあることもわかりました。現在、これらの焼却場では、焼却施設の改良によりダイオキシン類の発生を減少させるとともに、より性能の良い呼吸保護具の導入などにより、勤務中のダイオキシン類の取り込みを防止する対策を推進しています。
 自治体の焼却場の中で血中濃度の測定を実施した所はほんのわずかです。実態を明らかにするには、さらに調査が必要です。
図2 焼却場職員と一般人の血液中1,2,3,4,6,7,8-塩化ジベンゾフラン濃度
図3 七塩化ジベンゾフラン暴露指数
      (ng/g×年)

労働衛生部 熊谷信二