ストレスと免疫 

-生活習慣病にかからないために

均寿命が延び、超高齢化社会がまじかに迫ってきましたが、健康で生活の質の高い老後を送りたいものです。

 ところで、社会の著しい発展や変化にともなって、ライフスタイルは多様化し、私たちのストレスも増大する一方です。ストレスが過剰に加わると精神的に鬱状態となるだけでなく、食事の量や飲酒量、喫煙量が増えたりして、生活習慣が乱れてきます。ストレスや生活習慣のひずみが慢性化してくると、動脈硬化、高血圧、糖尿病、脳卒中、がんなどのいわゆる生活習慣病や、胃や十二指腸潰瘍などのストレス関連疾患の発症の危険が生じます。病気になってから後悔しても手後れなので、ストレスや悪い生活習慣などの危険因子をかかえている人は、これらを改善する必要があります。健康診断で血液や尿に変化が現れるようでは、もう病気になりはじめているといえます。  以前からストレスや悪い生活習慣は、いろいろな微生物の感染防御に働くTリンパ球(白血球の一種)の増殖活性や、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の活性など様々な免疫防衛能力の低下をもたらすことが知られています。これは、神経系、内分泌系および免疫系が共通のホルモンやサイトカインなどの生理活性物質を介して、密接に連絡しあっていることと関連のあることがわかってきました。当研究所では5年にわたり、これらの危険因子を多く持っている人を対象に、不健康の度合いを示す生理的なバロメータがないかどうかを検討してきました。中高年の男子勤労者500名から聞き取り調査を行い、仕事や生活のストレス、ストレスに関連した症状や疾患、悪い生活習慣などの危険因子をいくつ持っているかを調べました。同時に、血液中のリンパ球を分離し、強い増殖刺激作用を持つフィトヘマグルチニン(PHA)を添加して培養し、増殖度(PHA反応)を測定しました。  その結果、ストレスの多い人ほど(図1)、ストレス関連性症状や疾患の数の多い人ほど(図2)、また悪い生活習慣を多く持っている人ほど(図3)PHA反応が低いことがわかりました。さらに、これらの危険因子の合計数が多いほど(図4)顕著に低いPHA反応を示すことがわかりました。リンパ球の増殖度が高いほど、進入してきた細菌などの外来抗原をすみやかに除去できます。すなわち、不健康な状態にある人ほど免疫抵抗力が落ちていることになります。

 このようにPHA反応は人の不健康度を示すよい指標となりますが、この検査に頼るまでもなく、ストレスや生活習慣のひずみに早く気づいて自分から健康を守るための改善を行うことが大切です。

労働衛生部 中野 ユミ子