化学物質による乗用車室内空気の汚染

 シックハウス症候群や化学物質過敏症が近年社会的な問題となっていますが、室内空気中の化学物質がその発症原因の一つとされています。厚生労働省では、生活衛生上問題となる各化学物質の室内濃度指針値の策定を順次進め、現在、ホルムアルデヒドとトルエンやキシレンなどの揮発性有機化合物 (VOC) の合計13物質の指針値が設定されています。また、これとは別に室内空気中VOCの総濃度 (T-VOC濃度) の目標値も設けられています。指針値は、一般住宅のほか、学校、事務所、図書館、車両など、化学物質を製造・使用する工場等の産業現場を除く大部分の室内に適用されます。
 乗用車の室内は現代のクルマ社会において、生活環境の一部として位置づけられます。新車購入直後や気温の高い時期、車内の特異な臭いを経験された方は多いのではないでしょうか。しかし、その臭いの化学成分や濃度に関することは、これまでほとんど知られていません。私たちは、1台の新車を対象として納車後の車内空気中化学物質濃度の経年的な推移を調べるとともに、多種類の乗用車を対象として車内空気汚染の実態を調査したので紹介します。

1.新車納車後の化学物質濃度の推移

図1 図1 車内空気中T-VOC153濃度の推移

 化学物質濃度の経年的推移の調査では、1999年7月に新車として納車された1台の国産車を対象としました。納車後通常の使用下において定期的に車内空気を測定し、約3年間の化学物質濃度の推移を調べました。測定は、車内に持ち込んで使用している物品をあらかじめ全て車外に出し、窓、ドア、ベンチレーターを閉め、エンジンを停止した状態で行いました。その結果、納車翌日の車内空気中より合計162種の化学物質が検出され、そのうちホルムアルデヒドおよび153種のVOCを継続的に定量しました。各VOC合計濃度 (T-VOC153濃度)の推移を図1に示しました。納車翌日におけるT-VOC153は約14,000μg/m3であり、厚生労働省目標値の35倍の濃度でした。T-VOC153濃度は納車後半年間で急速に減少しますが、冬季から夏季にかけて上昇し、1年後には納車翌日の濃度の約1/10になりました。2年目以降も冬季に低値、夏季に高値のパターンを繰り返し、納車3年後の夏季においてもT-VOC153濃度は目標値を上回っていました。
 この調査結果より、車内空気中には内装材から放散される多種類の化学物質が存在し、納車直後や車内温度の高い夏季では車内空気の汚染が著しいことが明らかとなりました。

2.車内空気の汚染実態

表1 101台の乗用車における空気中の化学物質の濃度
(μg/m3 図1

 2004年5〜10月、夏季に新車として登録 (2001年〜2004年の6〜9月) された後通常の使用環境にある全て異なる国産車種101台を対象として車内空気の汚染実態を調査しました。調査結果の一部を表1に示しました。車内空気中より合計275種の化学物質が検出され、そのうちホルムアルデヒドおよび241種のVOCを全対象車について定量しました。多種の脂肪族炭化水素類および芳香族炭化水素類のほか、ゴムやプラスチック製品が多用される車内に特徴的な物質も高濃度で検出されました。指針値の設定されている化学物質のうち定量した9物質の濃度の中央値は、いずれも指針値以下でした。
 一方、定量されたVOCの合計濃度 (T-VOC241濃度) の中央値は約600μg/m3(最高値:約4,000μg/m3)であり、厚生労働省目標値の1.5倍でした。対象車の80%におけるT-VOC241濃度が、この目標値を超えていました。
 測定結果を統計学的に解析したところ、車内空気汚染の差異には車格や内装材等の仕様の違いが大きく関与し、皮革製シートが装備された車や新車価格の高い高級車において多くの化学物質の車内濃度が高値でした。また、日常の換気も長期的な車内空気質に影響をおよぼすことが示唆されました。
 さらに、1台の新車において行った上記1.の調査結果をもとに、対象車のうち芳香剤使用や車内喫煙のない50台について、各車の納車1ヶ月後(車内温湿度を32℃・45%と仮定)における車内化学物質濃度を算出したところ、車内空気は厚生労働省T-VOC目標値の約5〜6倍濃度の化学物質により汚染されていることが推定されました。

3.低減化に向けた自動車産業界の取り組み

 日本自動車工業会は、2005年2月、2007年度以降新車発売される乗用車について車内空気中化学物質濃度の低減化に取り組むことを発表しました。しかし、その主対象は指針値のある13物質であり、T-VOCへの対応は考慮されていません。
 本調査結果より、現状の車内においては空気中の全化学物質の合計濃度にも着目しなければならないことが示唆されました。自動車、内装部品、素材等の各メーカーにおける揮発性有機化合物濃度の総量低減化への取り組みが期待されます。

▼室内濃度指針値
 一生涯その値以下の濃度の化学物質に曝露されたとしても、通常有害な健康影響がないであろうと判断される濃度
▼T-VOC 濃度の目標値
 毒性学的な知見に基づいたものではなく、室内空気質の状態の目安として利用される濃度
 暫定値:400 μg/m3
▼中央値
 例えば、101 台の測定値を濃度順に並べた際、中央にある51 番目の値

生活環境部生活衛生課 吉田 俊明
ロゴマーク 公衛研ニュース第32号(1) 編集:公衛研ニュース編集委員会