内分泌かく乱化学物質はいま

の書棚に「生と死の妙薬(SILENT SPRING 沈黙の春)」という本があります。

1962年にレーチェル・カーソンが、“残留性を持つ農薬に汚染された鳥が鳴かない春”を警告したものです。その後、この警告が契機となってDDTやBHC等の農薬や化学物質の規制が行われました。30年後の今、シーア・コルボーンらは「奪われし未来」(1996)の中で、内分泌系を通じた化学物質による人類の未来への影響に警鐘を鳴らしています。この問題は日本では昨年になって大ブレイクを起こし、給食の食器やインスタント食品の容器への懸念が叫ばれました。わが国でも急きょ環境庁の研究班中間報告(1997.7)や厚生省の検討会中間報告(1998.11)がまとめられました。

 ホルモンは生体の恒常性、生殖、発生、行動に関わり、エストロゲン(女性ホルモン)、アンドロゲン(男性ホルモン)、甲状腺ホルモンなど数多くのものがあります。内分泌かく乱化学物質には、これらのホルモンと類似の作用をするもの、作用を阻害するもの、代謝に影響するものがあり、ダイオキシン、PCB、種々の農薬、プラスチック原料のビスフェノールA、界面活性剤の分解物ノニルフェノールなど数十種が知られています。

これまでの知見では、フロリダの湖のワニのペニスの矮小化や卵のふ化率の低下、五大湖のカモメの性比の変化や、また、わが国での巻き貝のイボニシやレイシガイで雌に雄の性徴が出現することとの関連などが指摘されています。一方、人間では、精子数の減少、子宮がん、子宮内膜症、乳がん、前立腺がん、精巣がん、尿道下裂などに関係しているのではないかといわれています。しかし、特に人間への影響の有無については科学的なコンセンサスが得られておらず、研究の進展に待たねばならない点が多いといえます。

 今後必要な研究について、厚生省検討会中間報告の中で、かく乱作用が指摘されている物質では、暴露経路の調査、代謝試験、多世代繁殖試験、危険性評価が、影響が未知の化学物質では、ロボット技術を用いたハイスループット(大量迅速)スクリーニングと優先順位付け、および各種試験の実施があげられています。当研究所でも、これまでの研究経験を生かして研究に取り組み始めたところです。

■ 作用機序の一例

エストロゲンなどは細胞内の受容体(レセプター:ER)に結合し、この結合体が核のDNAに働いて、ホルモン作用をする蛋白質が合成されます。内分泌かく乱物質にはこのレセプターに結合しホルモンと類似の作用をするもの、ホルモン作用を阻害するものなどがあります。

副所長 織田 肇