「感染症新法」施行される

法(法律第114号)は平成11年4月1日から施行されました。正式名称は「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」であり、感染症を図のように4種類に類型化(分類)しています。また、今からおよそ100年前に制定された伝染病予防法、性病予防法、および、エイズ予防法は廃止され、検疫法と狂犬病予防法が一部改正されました。

図2 「感染症新法」が対象とする感染症の類型別一覧表