平成7年度

『勤労者の生活活性度評価事業』

報告書




概 要(目次)


はじめに
 
I ]健康度評価指標の開発
1.免疫機能検査による健康度評価
2.運動習慣と白血球DNAの酸化的損傷
 
II]健康診断結果の解析
1.府下某地域住民(女性)の健康診断および骨密度結果
2.自治体職員(女性)の骨密度および健康診断結果
3.放送局、自治体職員における女性労働者の骨密度および健康診断結果の比較
4.女性における血液臨床検査値の生理値について
 
III]質問紙の解析
1.地域住民の生活と老後の生きがい
2.質問紙調査にみる中高齢女性の生活習慣と健康
3.仕事の負担感と仕事の面白さ・生活の充実感



はじめに
 大阪府における長寿社会対策長期ビジョン推進の一環として、働く府民の健康維持・増進対策を探ることを目的として調査研究を実施した。本調査では労働衛生部を中心にプロジェクト研究班を編成し、大阪府立成人病センターの協力を得ながら進められた。 近年、経済の拡大が期待できない状態の中で、企業はリストラ、合理化を進めており、そのため長時間・夜間・交替勤務など労働の変則化や高密度化が進み、その結果、日常生活が圧迫され健康に影響を及ぼす例が見られる。これまでの調査でもワークスタイルが勤労やストレス、日常の生活習慣に大きく影響することを把握しており、本年度も引き続き、機械製造業、放送局、自営業、パートなどの従事者を対象に調査・解析を実施した。 調査項目としては健康診断(身体計測、血圧、血液生化学検査など)と質問調査(職場環境、日常生活、健康状態)の他に、新たな健康指標の開発と導入のために免疫機能、白血球DNA損傷量、骨量の測定などを実施した。主な結果は以下の通りである。