小規模事業所における総合的健康管理の
方策に関する調査研究


1996年度中間報告書

概  要


調査の目的
調査の対象および調査方法
調査の結果
 1.調査対象の事業所の概要
 2.労働保健および健康保険
 3.勤務体制と労働時間
 4.労働衛生管理体制
 5.健康管理
 6.腰や肩・首・腕への負担作業
 7.有害・危険作業
 8.快適職場関連施設および喫煙対策
 9.労働衛生教育・健康教育
 10.職場における健康確保



目 的

 小規模事業所における総合的健康管理の実態を明らかにするとともに事業主を含めた必要とする産業保健活動サービスの内容などを把握することを目的とする。


対象と方法

1.対 象
 大阪市に隣接し、大阪府の東部地域に位置する八尾市の北西から中央の地域に存在する1人以上49人以下の労働者を常時雇用するすべての事業所を対象とし、大手ないしは中規模企業の支店・分工場は対象から外した。

2.調査内容
 質問紙により、事業所の業種・従業員構成などの属性、労働衛生管理体制、健康管理、作業環境管理、作業管理及び労働衛生教育・健康教育など総合的健康管理の実態、および健康確保のために実施したいと思っている活動、必要を感じる情報、今後の活動への考え方などについて、調査した。

3.調査方法
 1)質問紙の作成
 当所において質問紙の原案をつくり、八尾地区勤労者健康管理推進協議会の協力と了解のもとに当所との連名により質問紙を作成した。
 2)質問紙の配布と回収
 訓練された調査員(当所所員及び派遣社員)により、当該地域の調査対象となる可能性があるすべての事業所を訪問し、悉皆調査をおこなった。
 3)調査時期  調査票配布及び回収 1996年11月6日〜26日

4.調査票回収結果
 配布した質問紙は1104枚であり、郵送分を含めて回収した質問紙は889枚(80.5%)であった。そのうち常雇用者50人以上の企業の支店などを除外した765事業所(配布枚数の69.3%)について解析した。

5.調査結果の集計解析
主として、事業所規模別、産業大分類による主な業種別に分類し、結果を解析した。



報告書・目次へ 次頁へ