トップ 研究活動 研究報告 平成18年度調査研究概要 > 調査研究概要4

平成18年度 調査研究概要 食品医薬品部 薬事指導課

薬事指導課の「平成18年度に実施する調査研究」を簡潔・平易にまとめてあります。

生薬・漢方製剤の品質評価に関する研究 -サイコサポニンの分析法の開発-

(薬事指導課 山崎勝弘)

ニンジンおよびサイコは重要な生薬で、日本薬局方において指標成分であるニンジンのサポ ニン(ギンセノシド類)とサイコのサポニン(サイコサポニン)定量法が収載された。これに より、製薬メーカーでは製剤の品質管理上、ニンジンまたはサイコを配合する漢方製剤中のこ れらの定量法の設定が必要になるものと思われる。そこで、製剤中のこれらの成分の定量法を 検討する。特に固相抽出法を用いた試料のクリーンアップ方法を検討する。

生体試料中の薬物の迅速定量法に関する研究 -バルビツール酸系薬物を対象として-

(薬事指導課 岡村俊男)

日本中毒学会「分析のあり方検討委員会」が掲げた、分析が有用とされる中毒起因物質15品 目のうちバルビツール酸系薬物について、健康被害の拡大防止を図るため一刻でも速く中毒起 因物質に関する情報を提供できるよう、迅速定量法を開発する。

生薬の残留農薬による汚染の実態に関する研究

(薬事指導課 梶村計志 他3名)

生薬中に残留する農薬の実態に関しては、現在でも不明な部分が数多く残されている。我が 国最大の生薬取引市場である道修町をかかえる大阪府においても、生薬の品質に関する課題は 重要である。本研究では、生薬中に残留する農薬の実態を明らかにし、薬事監視行政の基礎資 料とすることを目的とする。

編集:企画総務部 企画調整課