トップ 研究活動 研究報告 H19年度調査研究概要 > 調査研究概要2

平成19年度 調査研究概要  感染症部 ウイルス課

ウイルス課の「平成19年度に実施する調査研究」を簡潔・平易にまとめてあります。

ウイルス性呼吸器感染症の研究

(ウイルス課 加瀬哲男 他6名、4大学・医療機関)

ウイルス性呼吸器感染症(H5N1インフルエンザ、SARS、高病原性トリインフルエンザ、RSウイルス感染症、咽頭結膜熱、インフルエンザ、麻疹など)の感染拡大防止を目的としている。我々は、流行ウイルスの性状や宿主の免疫状況などを把握するために、ウイルス分離、抗原検出、核酸検出、抗体価測定などを行っている。

腸管感染性ウイルスに関する研究

(ウイルス課 山崎謙治 他1名)

管感染性ウイルスの分離および遺伝子解析を行うことにより、ウイルスの生態を明らかにするとともに、培養困難なウイルスの迅速検出法を開発することを目的として研究を行っており、エンテロウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス、E型肝炎ウイルスなどを標的ウイルスとしている。

衛生動物を介する感染症に関する研究

(ウイルス課 弓指孝博 他1名)

衛生動物を介する感染症には、新興感染症(ウエストナイル熱、日本紅斑熱)、輸入感染症(デング熱)、人獣共通感染症(Q熱)などが含まれ、人が感染すると重篤になるものも多い。この研究では、これらの感染症の実験室診断法の確立や衛生動物の感染を監視する調査を行い、治療や防疫対策に役立てる。

原虫・寄生虫症に関する研究

(ウイルス課 木村明生 他2名

公衆衛生上重要である赤痢アメーバ、ジアルジア、クリプトスポリジウム、バベシア等による原虫症及びエキノコックス、イヌ回虫、アライグマ回虫等による蠕虫症の、疫学的解析及びその診断法開発や改良等を目的として研究を実施する。

HIV感染症に関する研究

(ウイルス課 森 治代 他2名、5医療機関等、3大学)

HIVの拡大阻止を目的として、以下の研究を行っている。
1) 迅速で正確なHIV感染診断のための検査法と的確な治療のための検査法の確立
2) HIV感染者の広がりの実態を明らかにするために、性感染症関連クリニックを受診するHIV感染のリスクの高い人々を対象にした疫学調査
3) 新たな作用メカニズムを持つ抗HIV薬の候補物質の検索

ヒトヘルペスウイルスに関する研究

(ウイルス課 宮川広実 他1名)

臨床症状からヘルペスウイルス感染症が疑われる患者検体からウイルス遺伝子の検出をnested PCR法を用いて行った。またより簡便な検出方法として、LAMP法の検討も行っている。初感染時のみならず、体内に潜伏感染し再活性化時にも重篤な症状をひきおこすヒトヘルペスウイルスの動態を明らかにすることを目的としている。

ウイルスと環境化学物質の突然変異誘導に関する研究

(ウイルス課 小田美光 他1名)

がんウイルスや環境化学物質とその変異原性との関連性を明らかにすることは、発がんのリスク評価および予防をする上で非常に重要であり、研究する必要性があり意義がある。

花粉症対策のための基礎的研究

(ウイルス課 西村公志)

スギ・ヒノキ花粉症が非常に問題となっているが、空中には真冬を除いて多くの種類の花粉が飛んでおり、それぞれの花粉に対して花粉症がある。そこで、公衆衛生研究所において空中飛散花粉を一年を通して観測し、その種類や増減などといった花粉に関する基礎的なデータを集積解析し、花粉症対策のための基礎的研究をすることを目的としている。そのデータの一部は、公衆衛生研究所のホームページに公開している。

編集:企画総務部 企画調整課