トップ 研究活動 研究報告 H21年度調査研究概要 > 調査研究概要2

平成21年度 調査研究概要 感染症部 ウイルス課

ウイルス課の「平成21年度に実施する調査研究」を簡潔・平易にまとめてあります

腸管感染性ウイルスに関する研究

(ウイルス課 山崎謙治 他2名)

感染性胃腸炎・食中毒の原因となるノロウイルス、サポウイルス、ロタウイルスなどの検出、遺伝子解析によりウイルスの生態の解明を行う。ウイルスの培養増殖法の検討を行う。また胃腸炎起因新規候補ウイルスの発掘を行う。

ウイルス性呼吸器感染症の研究

(ウイルス課 加瀬哲男 他6名)

ウイルス性呼吸器感染症にはインフルエンザ(季節性、新型、高病原性トリインフルエンザ)、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症、SARSなどがある。これらの感染症を制御するためには、流行ウイルスのウイルス分離、抗原検出、核酸検出、抗体価測定などが必要である。そのため、府内の医療機関で採取された検体から原因となった病原体診断を行い、さらに検出されたウイルスの性質や遺伝子の変異を解析し、それらの情報を府民や国へ提供し感染症対策に貢献している。

ヒトヘルペスウイルスに関する研究

(ウイルス課 宮川広実 他1名 共同研究;2病院)

ヘルペスウイルス感染症が疑われる患者の検体からnested PCR法を用いてヘルペスウイルスの検出を行っている。初感染時のみならず、体内に潜伏感染し再活性化時にも重篤な症状をひきおこすヒトヘルペスウイルスの動態を明らかにすることを目的としており、特にサイトメガロウイルスについては先天感染の増加も懸念されていることから、LAMP法によるスクリーニングを開発し、早期診断に役立てている。

麻疹・ 風疹等の発疹を主徴とするウイルス感染症に関する研究

(ウイルス課 倉田貴子 他3名 共同研究;2病院)

麻疹患者数はワクチン接種率の向上とともに年々減少してきているものの、依然として全国的な患者の発生が続いている。また、最近では成人麻疹患者の割合が増えたことから、臨床診断が困難な症例が増え、迅速な実験室診断への要求が高まっている。本研究では、麻疹を中心とした発疹を主徴とするウイルス感染症の遺伝子検出およびウイルス分離を迅速に行い、正確な実験室診断を行うことによって、麻疹の感染拡大防止に努めている。

衛生動物を介する感染症に関する研究

(ウイルス課 弓指孝博 他1名)

昆虫やダニなどの衛生動物が媒介する感染症には、新興感染症、輸入感染症、人獣共通感染症として問題となるものが多い。この研究ではこれらのウイルスあるいはリケッチア感染症の実験室診断や衛生動物の調査を行い、治療や防疫対策に役立てる。

HIV感染症に関する研究

(ウイルス課 森 治代 他3名 共同研究:診療所、大学等)

HIV感染拡大阻止を目的として、1) 迅速で正確なHIV感染診断のための検査法と的確な治療のための実験室診断法を確立する。 2) HIVおよびその他性感染症の広がりの実態を解明するため、性感染症関連診療所の受診者を対象とした疫学調査および陽性検体の分子疫学解析を行う。3) HIVを含む性感染症の検査状況を解析し、より効果的・効率的な検査体制構築に向けての問題点や改善点を府政へ還元する。

原虫・寄生虫症に関する研究

(企画調整課 木村明生 他2名)

公衆衛生上重要である赤痢アメーバ、ランブル鞭毛虫、クリプトスポリジウム、アカントアメーバ等による原虫症及びエキノコックス、イヌ回虫、アライグマ回虫等の蠕虫(寄生虫)症の、疫学的解析や診断法の開発およびその改良を目的とした研究を実施する。

花粉症対策のための基礎的研究

(ウイルス課 西村公志)

スギ・ヒノキ花粉症が非常に問題となっているが、日本では61種の花粉アレルギーが報告されている。花粉症を予防するうえで花粉症の原因となる花粉の飛散状況を的確に把握することは重要である。そこで、公衆衛生研究所において空中飛散花粉を一年を通じて観測し、その種類や増減などといった花粉に関する基礎的な調査を行い、花粉症対策の検討のための基礎資料の作成している。

編集:企画総務部 企画調整課