平成14年度厚生労働科学研究補助金 健康科学総合研究事業

『地方保健医療行政機関における健康危機管理のあり方についての実証的研究』

(主任研究者:藤本眞一)

 

分担研究報告書

健康危機管理における地方衛生研究所の役割に関する研究

分担研究者 織田 肇 (大阪府立公衆衛生研究所副所長)

 

[ 目 次 ]

 

タイトル、研究協力者、概要

 

T−1.  ボツリヌス菌毒素とその検査法

T―2―1.気中アンモニア濃度の測定(インドフェノール法)

T―2−2.空気中準揮発性有機化合物(SVOC)の分析法

T−3−1.尿中砒素の測定法

T―3−2.血中シアンの測定法

T−3−3.尿中水銀の測定法(酸分解―還元気化法)

T−3−4と5.血中のトルエンおよびキシレン濃度の測定、血中のジクロロメタンおよびトリクロロエチレンの測定

T−3−6.有機溶剤の尿中代謝物の測定

T−4−1.赤血球および血漿コリンエステラーゼ活性の測定

T−4−2.遺伝子損傷の指標としての8−ohdGの測定

 

U. 健康被害危機事例対応における疫学調査の活用; O157:H7感染症集団発生を想定した疫学調査指針

   ・疫学調査マニュアル資料1―1 質問票1

   ・疫学調査マニュアル資料1−2 臨床情報調査票

   ・疫学調査マニュアル資料2   質問票

 

V. 相談問い合わせデータベースシステムの構築