<小規模事業所における総合的健康管理等の方策に関する提言>
U.自主的な労働衛生管理活動を促進する


  労働安全衛生管理は、事業所内部における自主的な活動がない限り事業所には根付かない。我が国においては経験は少ないが、今後においては、前項の情報提供と教育に基づいた、労働者が参加した自主的な労働安全衛生活動にウェイトを置いた促進策が重要である。


1.自主的なリスク評価とそれに基づく労働安全衛生管理活動

  事業者の責任と労働者の参加の権利を明確にした上で、労使が共同して様々なチェックリストなどのツールを用いて、職場の改善を目標とした、職場のリスク評価をおこなう。リスク評価に基づいて、作業環境、作業方法・編成などの改善を、職場慣行を尊重しながらおこなう。なお、これらの活動には独立性を保障された専門家の協力が不可欠である。


2.参加型の活動

  上記のリスク評価の際の労使参加、改善における労働者の参加が必要である。労働者が参加せずにおこなった改善はしばしば生きた改善とならない場合がある。労働者・事業者双方の参加の保障として、少人数のグループワークやトレーニングコースなどにより一定の教育をうけることが必要である。このような考えのもとに、安全衛生委員会の活動も進めてゆく必要がある。


3.労働者・事業者・専門家・行政関係者による合同安全衛生パトロールや労災防止員の拡充により、助言と有用な改善を汲み上げ小規模事業所における労働衛生管理活動の向上を図る

  労・使・専門家・行政関係者による合同パトロールにより、助言とともに有用な改善を汲み上げて小規模事業所における労働衛生管理活動の向上に役立てる。また、労災防止員の活動の見直しと拡充、すなわち労災防止員の人員を増やし指導を強化することなどにより、監督的な指導よりも民間人の防止員による助言を重視した活動を期待できる。


4.事業者・労働者・安全衛生担当者の地域レベルでの交流

  地域レベルでの事業所・業種を超えた横断的な交流により、お互いの経験を学び、また、情報の受け手の組織化を可能にし、小規模事業所における労働衛生管理活動の向上が期待できる。