研究題目腸管感染性ウイルスに関する研究(特にノロウイルスに関する研究) (0710-03-2)
1.研究期間平成28年4月1日〜平成31年3月31日
2.検体採取期間平成28年4月1日〜平成31年3月31日
3.研究責任者ウイルス課主任研究員 左近直美
4.研究概要感染性胃腸炎の原因究明として多種のウイルスがどのような流行を形成しているか調査し、遺伝子型もしくは変異についてウイルス学的、疫学的に詳細な遺伝子解析を行います。そして、これら遺伝子解析データをウイルスの流行予測や原因究明に活用します。