研究題目ヒトノロウイルスの腸管上皮細胞への侵入機構の解明 (1602-04)
1.研究期間平成28年4月1日〜平成31年3月31日
2.検体採取期間平成27年11月〜平成31年3月31日
3.研究責任者ウイルス課主任研究員 左近直美
4.研究概要ヒトノロウイルスが感染、増殖する細胞は未だ不明です。本研究では感染する細胞を検索し、細胞への侵入機構を解明します。(阪大微生物病研究会, 大阪大学微生物病研究所との共同研究)