研究題目インフルエンザウイルス検出法の検討 (1003-05)
1.研究期間平成22年4月1日〜平成30年3月31日
2.検体採取期間平成20年4月1日〜平成30年3月31日
3.研究責任者ウイルス課主任研究員 森川佐依子
4.研究概要インフルエンザを疑って採取された患者さんの検体を培養細胞に接種し、分離されたインフルエンザウイルス株を用いて、迅速に、かつ高感度でインフルエンザウイルスを検出する方法の研究・開発を行います。(栄研化学株式会社との共同研究)