研究題目麻疹および風疹ウイルス臨床分離株を用いたワクチン予防効果の検証(1608-03)
1.研究期間平成28年10月18日〜平成31年3月31日
2.検体採取期間平成15年4月1日〜平成31年3月31日
3.研究責任者ウイルス課主任研究員 倉田貴子
4.研究概要麻疹、風疹の臨床分離株を用いて、臨床分離株の性状解析(ワクチン株との比較)、ワクチンの予防効果の検証を行います。(一般財団法人阪大微生物病研究会との共同研究)