ホーム > 大阪府で検査を受けた方へ > 感染症発生動向調査事業に基づく病原体検索および分析に検体を提供された方へ

感染症発生動向調査事業に基づく病原体検索および分析に検体を提供された方へ

 当所では、感染症発生動向調査事業に基づき、病原体の検索および分析を行っています。提供された検体の検査結果から得られた病原体情報は、感染症法の届出基準に基づき報告され、報告数は国立感染症研究所感染症情報センターのインターネットホームページに公開され、広くご覧いただけます。
 大阪府内(政令指定都市および一部の中核市を除く)の医療機関で、感染症法に規定された、1類から5類に分類される疾患の疑いがあると診断された方の検体は、大阪府立公衆衛生研究所に送られ、各疾患関連の検査が実施されています。

 本事業でご提供いただきました検体や情報につきましては、検査終了後、その残余分を研究目的で利用させていただくことがあります。これらの研究は当所倫理審査委員会の承認を受けており、その成果は個人の情報が一切伝わらない形で学会や専門誌等に公表されますので、個人が特定されることはありません。そのため、検体や情報の提供によりいかなる不利益も被ることはありません。

 現在、承認を受けている研究課題は以下のとおりです。

研究題目研究期間
インフルエンザウイルス株を用いたインフルエンザ検査薬の性能評価 (1608-02)平成28年10月18日より平成31年3月31日
麻疹および風疹ウイルス臨床分離株を用いたワクチン予防効果の検証(1608-03)平成28年10月18日より平成31年3月31日
大阪府内高齢者施設における腸内細菌科カルバペネム耐性菌の分子疫学的解析(1608-04)平成28年10月18日より平成31年3月31日
発疹性疾患関連病原体に関する研究(1302-06-4)平成28年4月1日より平成31年3月31日
ヒトノロウイルスの腸管上皮細胞への侵入機構の解明(1602-04)平成28年4月1日より平成31年3月31日
ノロウイルス迅速診断試薬の開発研究(1310-04-02)平成28年4月1日より平成31年3月31日
ノロウイルス検出キットの性能評価(1409-07)平成28年4月1日より平成31年3月31日
髄膜炎菌における病原性株および保菌者株の薬剤耐性および遺伝子解析 (1602-01)平成28年4月1日より平成31年3月31日
抗酸菌の薬剤感受性および菌種同定に関する研究 (0610-02)平成28年4月1日より平成31年3月31日
抗酸菌の分子疫学 (0610-03)平成28年4月1日より平成31年3月31日
アデノウイルス感染症に関する研究(1310-06-2)平成28年4月1日より平成31年3月31日
個人情報を含まない臨床分離ウイルス株を用いたウイルス学的・免疫学的・疫学的研究(1509-06)平成28年1月6日より平成31年3月31日
ピコルナウイルスに関する研究(1310-05)平成25年12月17日より平成30年10月31日
インフルエンザウイルス検出法の検討(1003-05)平成22年4月1日より平成30年3月31日


 ご提供いただきました検体や情報が検査以外の研究に利用される事を好まれない方は、遠慮なく大阪府立公衆衛生研究所企画調整課までご連絡下さい。研究対象から除外します。ただし、中止を希望されたとき、すでに研究結果が公表されていた場合は、結果を破棄することができない場合がありますのでご了承ください。

 また上記研究につきまして、研究計画書や研究の方法に関する資料の閲覧、個人情報の開示に係る手続、個人情報の利用目的の通知等のご希望に関しましても、下記の企画調整課にご相談ください。


お問い合わせ先

大阪府立公衆衛生研究所 企画調整課

  Tel:06-6972-1321

  FAX:06-6972-2393

▲ページの先頭へ