大阪湾の二枚貝は麻痺性貝毒により毒化しています
(平成20年4月25日現在)

大阪湾ではアサリ、トリガイ、アカガイのほかムラサキイガイ、カキなどの二枚貝が麻痺性貝毒により毒化しています。海辺や岸壁などで自生する貝類を自分で採取して食べることのないよう注意しましょう。

 麻痺性貝毒はプランクトン由来の毒ですが、アサリなどの二枚貝がプランクトンをエサとしていますので、有毒プランクトンが高密度に発生すると貝類などの毒化が起こります。

 麻痺性貝毒により高毒化した貝類などを摂食すると、フグ中毒と同様の症状(口唇、手足の痺れ、運動困難等)を呈し、重篤な場合は呼吸困難に陥り死亡します。

(参考)http://www16.ocn.ne.jp/~obk-2/makoto119/makoto119.htm

本中毒防止のため、国は4MUを超える貝類の出荷・流通を禁じています。(1MUとは体重20gのマウスを15分で死亡させる毒量)。421日、大阪湾で採取された天然アサリについて行政依頼により当所で検査した結果、表1に示すとおり、規制値の約5〜14倍の麻痺性貝毒が検出されました。

1. 4月21日に採取された天然アサリの毒性検査結果

採取地

麻痺性貝毒(MU/g

二色の浜

56

男里川河口

23

長松海岸

44

 

 

             

当所では大阪湾のアサリ以外の貝類についても独自に採取し、貝毒調査を実施しています。今期の調査結果(4月23日現在)は図に示したとおりです。

                                                                      

ムラサキイガイは特に危険

地域によって毒性値が異なりますが、調査した貝類の中ではムラサキイガイが最も危険です。

4月21日に二色の浜で採取したムラサキイガイから最高1200MU/gの麻痺性貝毒が検出されました。ムラサキイガイ1個で中毒に陥る危険性がありますので、絶対に食べないようにしてください。

 また。図には示していませんが、岸壁等に付着しているカキ(マガキ)からも最高75MU/gの麻痺性貝毒が検出されています。

参考:ムラサキイガイは地域によってはカラス貝とも呼ばれている、黒っぽい貝殻を持つ二枚貝で、岸壁や消波ブロックなどに付着しています。(写真参照)

 

参考:当所で2007年に調査した貝類のうち毒化が観察された貝類の最高毒力(MU/g)

ツメタガイについてはhttp://www.iph.pref.osaka.jp/food/chudoku/chudoku.htmlに掲載