コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪安全基盤研究所

ホーム > 感染症情報センター > インフル

中国で鳥インフルエンザA(H7N9)の患者が発生しました


 4月3日付けで公表された世界保健機関(WHO)の情報によると、中国 で新しい型のトリインフルエンザウイルスA(H7N9)に感染した患者が7人発生し、うち2名が死亡しました。また、報道機関の情報によると中国全体の感染者は累計108名で、そのうち22名が死亡と報告されています。
 ヒトで流行しているインフルエンザウイルスのように、比較的容易に人から人への伝播が起こる可能性は低いと考えられています。現在のところ警報を出す段階ではありませんが、注視していかねばならない段階と考えられます。今後の情報には十分御注意下さい。(4月25日記)

 関連リンク

 ・厚生労働省からの通知
   自治体宛「中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の国内検査体制について」
      別添1:鳥インフルエンザA(H7N9)疑い患者が発生した場合の標準的対応フロー
      別添2:情報提供の際に使用する参考様式
   自治体宛「中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生について」
   ウイルス株入手について

 ・発生状況及び各関係省庁の対応

 ・内閣官房HP

 ・世界保健機関(WHO)

 ・トリインフルエンザウイルスA(H7N9)に関する最近の報道