コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪府感染症情報センター

トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症関連情報

更新日:2020年10月15日

   新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、 201912月、中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、感染が国際的に拡がりを見せています。世界保健機関(WHO)は、2020130日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態((PHEIC)」、3月11日に「世界的大流行(パンデミック)」を宣言しました。日本では、21日に指定感染症および検疫感染症に指定されました。
  
4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態宣言が発出され、大阪府は感染拡大警戒地域に指定されました。5月21日に解除されましたが、自粛要請・解除などの対策を段階的に実施する大阪モデルをふまえ、61日以降は、全ての施設の休止要請が解除されました
   これまでの知見より、 主な感染経路は飛沫感染や接触感染です。臨床的な特徴として、潜伏期間は
1~14日(平均 5~6日)で、その後、発熱や呼吸器症状、全身倦怠感等の感冒様症状が1週間前後持続することが多いと報告されています。一部のものは、呼吸困難等の症状が現れ、肺炎を呈します。発病者の多くは軽症ですが、高齢者や基礎疾患(高血圧、糖尿病、高脂血症など)等を有する者は重症化する可能性が高くなります。
  
感染の拡大を防ぐには、飲食前や帰宅時の手洗い、会話時の距離の確保、屋内で人と十分な距離がとれない場合の換気とマスク着用など「新しい生活様式」の実践、感染者の早期探知、封じ込めが重要です。

corona-41w.png

大阪府 新型コロナウイルス感染症 週別報告数 (2020年 第41週 [10月5日~10月11日] までの集計)

corona-41w-age.png
大阪府 新型コロナウイルス感染症 年齢階級別 累積報告数 (2020年 41週 [10月5日~10月11日] までの集計)
報道発表時点で性別不明者2名(第31週)を含まず

corona-cmpo1-41w.png
大阪府 新型コロナウイルス感染症 週別・年齢階級別 報告数 (2020年 41週 [10月5日~10月11日] までの集計)

corona-cmpo2-41w.png
大阪府 新型コロナウイルス感染症 週別・年齢階級別 報告数の構成比 (2020年 41週 [10月5日~10月11日] までの集計)
報道発表時点で年代調査中1名(第17週)を含まず

posi41w.png
大阪府 新型コロナウイルス感染症 検査陽性率
(2020年10月11日までの集計結果を基に、日々のばらつきを平準化するため、過去7日間の平均値を求めた。)

退院・療養解除のための陰性確認検査および再陽性者は計算に含まず


このページの情報は、大阪府の新型コロナウイルスの報道発表資料を基に、週単位で集計したものです。
ただし、報道発表時点で年齢・性別不明のものは含みません。
また、年齢階級別・性別の統計において、就学児は小学生を表しています。
10歳代の一部に、就学児が含まれている可能性があります。ただし、就学児の区分に重複して集計されていることはありません。
集計結果は、原則木曜日の14時に公表しています。

詳細の情報は、下記の大阪府ホームページをご覧ください。


大阪健康安全基盤研究所がこれまで提供した情報